5寸平鉢 麦藁手 青 陶器 小春花窯

長板皿 特大 木の葉 半磁器 砥部焼 森陶房
  • 長板皿 特大 木の葉 半磁器 砥部焼 森陶房 画像1
  • 長板皿 特大 木の葉 半磁器 砥部焼 森陶房 画像2
  • 長板皿 特大 木の葉 半磁器 砥部焼 森陶房 画像3
  • 長板皿 特大 木の葉 半磁器 砥部焼 森陶房 画像4
  • 長板皿 特大 木の葉 半磁器 砥部焼 森陶房 画像5
  • 長板皿 特大 木の葉 半磁器 砥部焼 森陶房 画像6
●商品写真はサンプルとなりますため、お届けするお品は、細部までまったく同じものではございません。
●お客様のご都合によるキャンセル・返品・交換はお受けしておりません。
●個体差の確認をご希望される場合は、
お問い合わせフォームよりご連絡くださいませ。
●誠に恐れ入りますが、通信販売の性質上、ご確認いただく間に完売となってしまう場合もございます。


【商品名】 5寸平鉢 麦藁手 青 陶器 小春花窯
【作家名】 小春花窯(瀬戸品野)

あたたかみのある、
土ものならではの風合いが魅力的な器です。

副菜やおつまみ用に、
取鉢としてなど、
普段づかいしやすいサイズの平鉢です。


瀬戸の土を使い、
古来からの伝統の技を継承しながらも、
現代の暮らしにマッチする焼き物。

縁が反ったフォルムは、
持ちやすく手にしっとりとおさまります。
カーブが手に心地よく、
おだやかなひとときに彩りを添えてくれます。



お浸しや煮物といった、
普段の気取らないおかずがよく映えて、
「日本にうまれてよかったぁ〜」と
しみじみ味わいたくなってしまいます。

ついついお醤油を多用して、
茶系の料理が増えがちな
普段のおうちごはんでも、
器とおかずの最強タッグで
白米もモリモリ進んでしまいそう。


縁から中心へ向かって、
一点ずつ筆でスッと描かれる縞模様。
筆を入れた縁のところがぽってりと、
そこから中心へ向かって
細くすぼまっていくように伸びている様子が
まるで麦の穂を思わせるようであることから
「麦藁手(むぎわらで)」と呼ばれています。

スッと、と口に出すのは簡単なのだけど、
この撫でたくなるような美しい縞模様を描くのには
熟練の技が必要とされます。
今では、麦藁手を作れる職人さんが減り、
小春花窯は、この伝統の技を継承する貴重な窯元さんです。

小春花窯さんのうつわたち、
並べてみると、
なんだか花火のようにも見えて、
わくわくしてしまいました。


やわらかな雰囲気の土もの同士、
柄違いを組み合わせてもしっくりきます。

手仕事ならではの、たわみのある形もまた、
ふんわり手に馴染みます。
心ゆたかに、食事の時間が過ごせそうな器です。

【高 さ】 約4.4cm 
【 径 】 約14.7cm 
【素 材】 陶器

+++++
小春花窯(こしゅんかがま)

愛知県瀬戸市品野にて、
「食を彩り、生活に潤いを感じるうつわ」を
心がけ、焼き物づくりに取り組まれています。
江戸時代から続く窯元です。

伝統的な格調高い手仕事として、
古来から愛されている
「麦藁手(むぎわらで)」など、
瀬戸の土と伝統を生かした器を制作されています。
+++++

※必ずお読みくださいませ。【うつわのお手入れと注意事項について】

○手づくりのため、ひとつひとつ色合い、形、大きさ、厚みなどが少し異なり、個体差があります。
ピンホール等が見受けられたり、柄の入り方、色味が違ったりする場合があります。
ひとつひとつ違った表情をみせる、
手作りならではのあたたかみのある風合いを楽しみたい方におすすめです。
○電子レンジ・食洗機のご使用は可能です。
○オーブン・直火は不可です。
〇ご使用前に、熱湯に浸してあらかじめ器に水分を十分含ませてからご使用いただくと、
茶渋やシミがつきにくくなります。
使い込んでいくうちに、茶渋・シミ汚れ等が気になるときは、台所用の漂白剤をご使用ください。
○乾燥不十分のままにしておきますと、カビやしみ等の原因となります。つけおき洗いはお避けください。
○こちらは陶土で焼かれた吸水性のある土ものです。土ものは同じ技法を用いても、土や釉薬の中に含まれる天然鉱物などの影響で焼きあがりはひとつひとつ微妙に色、形、大きさなどが異なります。 
○作家・窯元によって、価格の見直し・改定が行われる場合がございます。

作家&ブランドで選ぶ