長角皿 中 ホワイト くるくる 陶器 柳瀬俊一郎

長板皿 特大 木の葉 半磁器 砥部焼 森陶房
  • 長板皿 特大 木の葉 半磁器 砥部焼 森陶房 画像1
  • 長板皿 特大 木の葉 半磁器 砥部焼 森陶房 画像2
  • 長板皿 特大 木の葉 半磁器 砥部焼 森陶房 画像3
  • 長板皿 特大 木の葉 半磁器 砥部焼 森陶房 画像4
  • 長板皿 特大 木の葉 半磁器 砥部焼 森陶房 画像5
  • 長板皿 特大 木の葉 半磁器 砥部焼 森陶房 画像6
型番 CL4
販売価格

4,104円(内税)

在庫数 在庫残り2点です。
購入数
●商品写真はサンプルとなりますため、お届けするお品は、細部までまったく同じものではございません。
●お客様のご都合によるキャンセル・返品・交換はお受けしておりません。
●個体差の確認をご希望される場合は、
お問い合わせフォームよりご連絡くださいませ。
●誠に恐れ入りますが、通信販売の性質上、ご確認いただく間に完売となってしまう場合もございます。


【商品名】 長角皿 中 ホワイト くるくる 陶器 
【作家名】 柳瀬俊一郎

スリップウエアと呼ばれる
ヨーロッパの伝統的技法を使って
作られた長角皿です。



豚の生姜焼きや一口カツなど
一人分のメイン料理のうつわとして。
きのこのペペロンチーノなど
パスタ料理にも合いますね。

かぼちゃのそぼろ煮や麻婆茄子など
みんなで取り分ける料理のうつわにしても。
縁に少し高さがあるので、
多少汁気のある料理も大丈夫です。

スイーツのうつわとして
モンブランやみたらし団子に。
和にも洋にも合う雰囲気です。



スポイトに入れた化粧土を
細く垂らして描かれた模様は、
ひとつとして同じものはなく、
それが一層この器を趣深くしています。

釉薬のかかりがひとつひとつ違うのも
個性として楽しめます。

緩やかにカーブした四隅。
その縁につけられた、波のような模様に
優しい雰囲気が感じられる気がします。

使うたびにほっこりとした気持ちに
なれそうなうつわです。

【高 さ】 約22.5〜23.0cm×19.0cm
【 径 】 約2.8〜3.2cm
【素 材】 陶器



■その他、一覧ページです。
お気に入りを見つけてくださいね。
柳瀬俊一郎 一覧ページ

+++++
柳瀬俊一郎 ヤナセシュンイチロウ

1980 長崎県佐世保生まれ
2002 佐賀県有田窯業大学校短期絵付け科卒業
2003 岡山県備前陶芸センター卒業
2010 佐世保市にて独立
以後クラフトフェア、展示会を中心に活動

使って楽しく、使った後も楽しくなれるような
器を作りたいと思います。
+++++

※必ずお読みくださいませ。【うつわのお手入れと注意事項について】

○手づくりのため、ひとつひとつ色合い、形、大きさ、厚みなどが少し異なり、個体差があります。
ピンホール等が見受けられたり、柄の入り方、色味が違ったりする場合があります。
ひとつひとつ違った表情をみせる、手作りならではのあたたかみのある風合いを楽しみたい方におすすめです。
○作家・窯元によって、価格の見直し・改定が行われる場合がございます。

●作家さんからのおすすめメンテナンス法●

〇オーブンでの使用も考慮し撥水剤の目止めはしていません。
〇使用前に水に潜らせたり、目止めをする事で油や匂いを染みこみにくくできるかと思います。
〇電子レンジ、食洗機、オーブンはご使用いただけます。
〇オーブンはお使いいただけますが、耐熱陶土ではないので、ご使用していくうちに焦げがついたりスリップの部分に油が染みて色合いが変わったりという変化はあります。
〇電子レンジでの空焚きは器に負担がかかり、割れる原因となりますので厳禁です。
〇直火でのご使用はお控えください。
〇使用後はできるだけ早めに洗ってください。汚れが残りにくくなります。
〇洗浄後はよく乾燥させてから収納してください。湿った状態ですとカビの原因になります。
〇スリップウエアは酸化焼成という土が焼き締らない焼き方で焼成してあります。
還元焼成でしっかり焼き締められた器と違い、汁気のあるお料理を長時間(一晩程度)入れておくと裏面に汁気が染みる事があります。深みのある器でも保存容器として使用することはお勧めできません。

作家&ブランドで選ぶ