sen RUG/8.5プレート shippou pattern グリーン 陶器 波佐見焼

sen RUG/8.5プレート shippou pattern グリーン 陶器 波佐見焼
  • sen RUG/8.5プレート shippou pattern グリーン 陶器 波佐見焼 画像1
  • sen RUG/8.5プレート shippou pattern グリーン 陶器 波佐見焼 画像2
  • sen RUG/8.5プレート shippou pattern グリーン 陶器 波佐見焼 画像3
  • sen RUG/8.5プレート shippou pattern グリーン 陶器 波佐見焼 画像4
  • sen RUG/8.5プレート shippou pattern グリーン 陶器 波佐見焼 画像5
  • sen RUG/8.5プレート shippou pattern グリーン 陶器 波佐見焼 画像6
型番 DU3
販売価格

5,184円(内税)

在庫数 在庫残り5点です。
購入数
●商品写真はサンプルとなりますため、お届けするお品は、細部までまったく同じものではございません。
●お客様のご都合によるキャンセル・返品・交換はお受けしておりません。
●お買い上げの前に必ずお読み下さいませ。【うつわのお手入れと注意事項について】


【商品名】 RUG/8.5プレート shippou pattern グリーン 陶器 波佐見焼
【ブランド名】 sen

「心地よい部屋をさりげなく彩る
一枚の敷物をイメージして仕立てました」



そんな想いで作られたうつわは、
テキスタイルのような柄が
8.5寸の大きなプレートいっぱいに広がって、
テーブルをパッと明るくしてくれそうです。

つるんとした質感に似合う、
やわらかく優しい水色。



今日は何をのせようかな、
なんて考えるだけで楽しくなりそう。

五穀米にサラダ、
コロッケを2、3個のせて
ワンプレートごはん皿に
ちょうどいいサイズ。

ガパオライスやグリーンカレーなど
鮮やかなエスニック料理にも
よく合いそうです。

みんなで食べたいお料理なら、
こんもり盛りつけて、テーブルへ。
シェアする時にも重宝します。

敷物をイメージして作られた器は、
絵を描くというより、
布を染め上げるような感覚で
仕立てた、とのこと。
なんだか、素敵ですね。

薄く、しっかりと焼しめられた土に、
鮮やかな色彩と可愛らしい絵柄。

スタッキング収納も可能で、
家族や来客用にと揃えておきたくなりますね。

いつもの食卓を華やかにしてくれる、
見ても、使っても楽しいシリーズです。

それぞれのイラストが描かれた
専用ボックスに入っているので、
自分用にもプレゼントにも
選びたくなる特別感がありますね。



【 径 】 約26.0×26.4cm
【高 さ】 約2.2〜2.7cm
【素 材】 陶器





■senシリーズの器は、
こちらからもご覧いただけます。
【sen】一覧ページ

+++++
sen(セン)

長崎県波佐見町にある
「やきもの工房京千」の
新たなプロダクトラインとして
2010年にスタートしました。

『日常の様々なシーンを、
寄り添うように彩るもの』
をテーマとして、焼き物の魅力を
より身近に感じてもらえるような
アイテム作りを心がけて
日々制作されています。

〇senシリーズは、陶器でも
1270度という高温で焼成されており、
土が固く焼き締まるので、陶土でも
強度があることが特徴となります。
(※箸置きのみ、磁器土となります。)
+++++

〇オーブン・直火の使用はできません。
〇電子レンジ対応。(frameの縁は金色ですが、電子レンジ対応です。)
〇食洗機はご使用可能ですが、基本的に手洗いをおすすめ致します。
〇8.5シリーズやマグカップ、森のカップは貫入があり濃いものが染みやすくなっておりますので、目止めをされてからご使用いただくことも可能です。
〇色味や風合いなど、ご使用されるうちに経年変化がみられます。(特に8.5シリーズ)
○油分の多い食材、色の濃い食材をのせた場合、汚れ・しみ等になる場合があります。
○つけ置き洗いはお避けください。しみの原因となります。
○ご使用前に一度熱湯を通していただくと、汚れ・しみ・カビ等がつきにくくなります。
(煮沸はお避けください。)
○ご使用後は、水洗いの後に充分に乾燥させて収納下さい。
○手づくりのため、ひとつひとつ色合い、形、大きさ、厚みなどが少し異なり、個体差があります。
ピンホール等が見受けられたり、柄の入り方、色味が違ったりする場合があります。
ひとつひとつ違った表情をみせる、
手作りならではのあたたかみのある風合いを楽しみたい方におすすめです。
○作家・窯元によって、価格の見直し・改定が行われる場合がございます。

波佐見焼について

波佐見焼は、波佐見町という長崎県の土地の名前で、そこで生産されている磁器のことを指します。透けるような白磁の美しさと、染付の繊細さで深い味わいがあります。波佐見焼には、色鮮やかでモダンな印象のものが多く見られます。

陶器と磁器の違い

うつわ(焼き物)は、大きく「陶器」と「磁器」に分かれています。

「土もの」といわれる「陶器」は、陶土とよばれる粘土、つまり土が主な原料です。 一方「石もの」といわれる「磁器」は、陶石とよばれる岩石が主な原料となります。

陶器と磁器の違い
原材料 陶土(粘土)が主 陶石を粉砕した石粉が主
目止め 必要なものが多い 不要なものが多い
強度 強くない 比較的強い
特徴 うつわの素材の風合いややわらかな色味 美しい絵付けやはっきりとした色味
主な焼き物 美濃焼 益子焼 信楽焼 笠間焼 有田焼 九谷焼 砥部焼 波佐見焼

波佐見焼とブランド

長崎県波佐見町で、400年以上の伝統を誇る「波佐見焼」。
波佐見焼を代表するブランドの一つに白山陶器があります。 この、白山陶器のプロダクトデザイナー森正洋が手掛けた G型しょうゆさしは、1961年グッドデサイン賞受賞しており あまり波佐見焼や白山陶器を知らないという方でも 見たことがある方は多いかと思います。
また最近では、馬場商店をはじめとした様々な窯元から、 モダンで、スタイリッシュな波佐見焼のブランドが登場しており、 著名なアーティストとのコラボレーションも多数あります。
各ブランドは、波佐見焼の一覧ページからご覧いただけます。

波佐見焼 一覧ページ

同じ波佐見焼でも、それぞれのブランドでデザインや雰囲気が大きく異なります。
お気に入りのブランドを探してみてください。

作風から選ぶ

作家、ブランド一覧から選ぶ

特集・入荷一覧

初めてご来店いただく方はこちらから

新着入荷情報