コーヒーカップ ゲットウ 陶器 mug やちむん

コーヒーカップ ゲットウ 陶器 mug やちむん
  • コーヒーカップ ゲットウ 陶器 mug やちむん 画像1
  • コーヒーカップ ゲットウ 陶器 mug やちむん 画像2
  • コーヒーカップ ゲットウ 陶器 mug やちむん 画像3
  • コーヒーカップ ゲットウ 陶器 mug やちむん 画像4
  • コーヒーカップ ゲットウ 陶器 mug やちむん 画像5
  • コーヒーカップ ゲットウ 陶器 mug やちむん 画像6
型番 ER25
販売価格

2,765円(内税)

購入数
●商品写真はサンプルとなりますため、お届けするお品は、細部までまったく同じものではございません。
●お客様のご都合によるキャンセル・返品・交換はお受けしておりません。
●お買い上げの前に必ずお読み下さいませ。【うつわのお手入れと注意事項について】


【商品名】 コーヒーカップ ゲットウ 陶器 mug やちむん

沖縄らしいおおらかな装いと、
北欧のヴィンテージ食器を
彷彿させるような佇まい。

落ち着いた色味に
ポップな絵柄、
渋くて可愛いさじ加減が
たまりません。



円柱型のカップは
すっきりモダンな印象ですが、
丸い小さな持ち手が
アクセントになって、
愛らしい雰囲気に。

ややざらりとした質感や
土の表情をいかした色合いに
温もりを感じるうつわです。



慌ただしい一日のなかで
やっと見つけたコーヒータイム。

丁寧に淹れた薫り高いコーヒーも、
手軽なインスタントコーヒーでも、
お気に入りのカップでいただくと
不思議とおいしく感じるのは
なぜなのだろう・・・

小さめのスープカップとして
ポタージュスープなんかを
入れるのにも重宝しそうです。

ホットミルクやココアを入れて
お子様が使っても
とっても可愛いですね。



梅北 元さんと陽子さんの
ご夫婦で営むmugさん。

絶景ビーチで有名な
瀬底島の土や素材などを使用し
元さんが作陶を、
陽子さんが絵付を担当しています。

沖縄では、焼き物を親しみを込めて
「やちむん」と呼びます。
大らかな風土の中で生まれた
あたたかみのある陶器です。

沖縄の陶器は、焼き上がりによって
釉薬の塗りムラや貫入と呼ばれるヒビ、
重ね塗りした釉薬のたまり、
凹凸やピンホールなどが
見受けられる場合が多くあります。

これらも手仕事の器の個性として、
量産品にはない、味のある風合いを
楽しんでいただければと思います。
ご使用上は問題なくお使いいただけます。



沖縄を象徴する花のデイゴ
リズム感のある連ドット
落ち着いた色味の3色ドット
昔から親しまれてきたゲットウ

どれも素敵で迷ってしまいそう!

【 径 】 約7.1〜7.7cm(持ち手含む 約10.2〜11.0cm)
【高 さ】 約6.1〜6.5cm
【素 材】 陶器



■その他、一覧ページです。
お気に入りを見つけてくださいね。
mug 一覧ページ

+++++
mug まぐ

梅北 陽子 
1978年 神奈川県出身
2001年 東京藝術大学 美術学部 工芸科卒
2005年 瀬底島に工房
     Island Gallery OKINAWAをオープン
2016年 本部町営市場内にmugをオープン

梅北 元
1998年 読谷村にて陶芸を始める
2005年 本部町に移住し瀬底島の土や
     素材を使った器を作り始める
2016年 本部町営市場内にmugをオープン

食事が楽しくなるような
使いやすい器を目指して
日々製作しています。
+++++

○手づくりのため、ひとつひとつ色合い、形、大きさ、厚みなどが少し異なり、個体差があります。
○ピンホール等が見受けられたり、柄の入り方、色味が違ったりする場合があります。
○ひとつひとつ違った表情をみせる、手作りならではの
あたたかみのある風合いを楽しみたい方におすすめです。
○食洗機・オーブン・直火のご使用はお控えください。
○使っていくうちに、色味や風合いなどの経年変化がみられます。
○作家・窯元によって、価格の見直し・改定が行われる場合がございます。

●窯元からのおすすめメンテナンス法●
〇目止めをしてからのご使用をおすすめします。
〇使っていくうちに貫入など経年変化がおこる場合がございます。
○電子レンジ(あたため程度)は可能です。
○食洗機や漂白剤は使用せず、ステンレスたわしや研磨剤ではなく
柔らかいスポンジを使用し、丁寧に洗浄してください。
○オーブン・直火のご使用は不可です。

関連タグ

作風から選ぶ

作家、ブランド一覧から選ぶ

常設特集

初めてご来店いただく方はこちらから

新着入荷情報