カヌレ茶器 茶壺 ブロンズ 磁器 藤村佳澄

カヌレ茶器 茶壺 ブロンズ 磁器 藤村佳澄
  • カヌレ茶器 茶壺 ブロンズ 磁器 藤村佳澄 画像1
  • カヌレ茶器 茶壺 ブロンズ 磁器 藤村佳澄 画像2
  • カヌレ茶器 茶壺 ブロンズ 磁器 藤村佳澄 画像3
  • カヌレ茶器 茶壺 ブロンズ 磁器 藤村佳澄 画像4
  • カヌレ茶器 茶壺 ブロンズ 磁器 藤村佳澄 画像5
  • カヌレ茶器 茶壺 ブロンズ 磁器 藤村佳澄 画像6
型番 FA8
販売価格

8,000円(税抜)

購入数
個体差


たまには小さなうつわでほっこりしませんか



おままごとの世界から飛び出してきたような小さな小さな茶器です。



そんな愛らしいこのうつわ、藤村さんが中国茶教室に通い知識を深める中で制作意欲が沸いたとか。

茶壺は、中国茶を楽しむために使用する道具のひとつ。
難しいことはさておき、小さな「急須」です。



中国茶は何煎も繰り返しお茶を楽しむので、日本の急須よりもかなり小ぶり。

容量は、中国茶器の小さな茶杯に1杯分ちょっと程度。

内部には陶茶こしがついています。



時にはこんな小さな器で一煎、二煎とお茶を楽しむ。
なんだか風情がありますね。

同じシリーズで揃えたら文句なしの可愛さ!





カヌレ茶器 茶杯 ブロンズ
豆皿 茶托 ブロンズ

切れのよさそうな注ぎ口、細かな茶こし穴、蓋の重なり具合。

どこをとっても丁寧な手仕事の様子が伝わってきます。

作風・雰囲気について



鈍く光るブロンズ色はツヤっとしたり、マットだったり。
色の濃淡や出方もそれぞれ異なります。

使わない時にはしまい込まず棚の上においておけば、インテリアのアクセントとしても絵になるような趣きです。





「シンプルと可愛らしさの共存」という藤村さんの言葉通り、飽きのこないシンプルなデザインに乙女な要素がチラリ。

この器が、日々の暮らしの中で小さなトキメキを与えてくれるような存在になりますように。



フォルムとサイズ感により、ざっくりとA・B・Cに分けています。
Aは細身で背が高め。
Bは小さめなサイズ感。
Cは大きめなサイズ感。
同じA・B・Cの中でも全く同じものはございません。

これらはすべて、量産品にはない手作りならではの魅力のひとつです。
「一期一会」な出会いを楽しんでくださいね!

A
【 径 】 約6.9〜7.2cm(最大幅 約11.1〜12.1cm)
【高 さ】 約8.1〜8.3cm
B
【 径 】 約6.8〜7.5cm(最大幅 約10.0〜11.3cm)
【高 さ】 約7.5〜7.8cm
C
【 径 】 約7.1〜7.3cm(最大幅 約11.3〜12.5cm)
【高 さ】 約7.8〜8.4cm
A・B・C:【素 材】 磁器





■その他、一覧ページです。
お気に入りを見つけてくださいね。
藤村佳澄 一覧ページ

藤村佳澄



1987年 広島県呉市に生まれる
2010年 尾道市立大学美術学科 卒業
2012年 多治見市陶磁器意匠研究所 卒業
現在、岐阜県多治見市にて制作

毎日使っていただけるよう、使いやすくシンプルなデザインとかわいらしさを共存させました。

注意事項




○手づくりのため、ひとつひとつ色合い、形、大きさ、厚みなどが少し異なり、個体差があります。ピンホール等が見受けられたり、柄の入り方、色味が違ったりする場合があります。ひとつひとつ違った表情をみせる、手作りならではのあたたかみのある風合いを楽しみたい方におすすめです。○作家・窯元によって、価格の見直し・改定が行われる場合がございます。


作家さんからのおすすめメンテナンス法




〇目止めせずそのままでお使いいただけます。〇経年変化はほとんどありません。〇食洗機・オーブン・直火はご使用いただけません。〇電子レンジは軽く温める程度なら使っていただいても大丈夫です。

関連タグ

作風から選ぶ

作家、ブランド一覧から選ぶ

常設特集

新着入荷情報