庖丁工房タダフサ 砥石基本セット 赤 中川政七商店

 庖丁工房タダフサ 砥石基本セット 赤 中川政七商店
  •  庖丁工房タダフサ 砥石基本セット 赤 中川政七商店 画像1
  •  庖丁工房タダフサ 砥石基本セット 赤 中川政七商店 画像2
  •  庖丁工房タダフサ 砥石基本セット 赤 中川政七商店 画像3
  •  庖丁工房タダフサ 砥石基本セット 赤 中川政七商店 画像4
  •  庖丁工房タダフサ 砥石基本セット 赤 中川政七商店 画像5
  •  庖丁工房タダフサ 砥石基本セット 赤 中川政七商店 画像6
型番 1499-0048-200-00
販売価格

4,860円(内税)

在庫数 在庫残り4点です。
購入数
●商品写真はサンプルとなりますため、お届けするお品は、細部までまったく同じものではございません。
●お客様のご都合によるキャンセル・返品・交換はお受けしておりません。
●お買い上げの前に必ずお読み下さいませ。【うつわのお手入れと注意事項について】


【商品名】 庖丁工房タダフサ 砥石基本セット 赤 中川政七商店

毎日使うものだから
使いやすくて、いいものを。

日頃のメンテナンス用の
砥石基本セットです。



包丁が切れなくなってくると
お気に入りの包丁でも
お料理がちょっとストレスですよね。

そんなときは人と同じように
いつもありがとう、という気持ちで
お手入れしてあげましょう。

プラスチックのまな板を使用していると
切れ味もすぐ悪くなってしまうので、
だいたい2〜3か月に一度を目安に。
トマトがきれいに切れなくなったな、と
思ったらメンテナンスのタイミングです。



砥石台を使用することで、
安定した包丁研ぎができます。

まず、数回に分けて部分的に研ぎます。
刃渡り15cm程度の庖丁であれば、
先端部分→真ん中→手元の順番で。

包丁を研ぐコツは、基本をしっかり学び
あとは慣れること。
手間がかかっても、自分でお手入れすることで
自然と愛着が湧いてきます。
いいものとは長いお付き合いをしたいですよね。

【 径 】 砥石:約18.3×6.2cm
      砥石台:約21.5×6.5cm
【高  さ】 砥石:約2.0cm
      砥石台:約3.0cm
【素 材】 砥石:中砥石(800番)
      砥石台:ブナ(抗菌炭化木)

■その他、一覧ページです。
お気に入りを見つけてくださいね。

庖丁工房タダフサ 一覧ページ

+++++
庖丁工房タダフサ ほうちょうこうぼうただふさ

「鍛冶の町」として栄えてきた
新潟県三条市で誕生したブランド。
昭和23年の創業当時から心を込めた手造りにこだわり、
家庭用や本職用の庖丁をはじめ、蕎麦切り庖丁、
漁業用・収穫用刃物などを製造しています。
長い歴史とともに築いてきた技と切れ味はそのままに、
今の暮らしにしっくりと馴染む庖丁を生み出しています。


中川政七商店 なかがわまさしちしょうてん

300年の歴史を持つ老舗ならではの
温故知新の想いを根底に、
品質やこだわりを大切にし、
家・生活に根ざした機能的で美しい
「暮らしの道具」と取り扱っています。

道具として単に実用的というだけでなく、
使っていて気持ちが良いこと、
使い続けることで愛着あるものに育つということも
大切にしています。
+++++

○お使いになる前に、洗面器などに水を張り、砥石から気泡が出なくなるまで、約20分程度つけておいてください。
○包丁を研いでいくと、砥石の表面にネバネバした「砥どろ」が出ます。この砥どろは包丁をうまく研ぎおろして鋭利な刃付けをするために必要です。水で砥どろを洗い流したりせず、砥どろの上に水を少しずつ加えながら研いでください。
○包丁を研ぐときには、ぬれ雑巾などの上に砥石を置き、砥石が動かないように注意してください。
○包丁を研ぐ際、無理に力を入れないでください。無理に力を入れると手元がぶれ、刃で怪我をする恐れがあります。
○砥石に刃を当てる角度を一定に保ってください。ぶれが生じた場合、刃身(ブレード)を傷つける恐れがございます。
○指が砥石に当たり、指の腹の部分が擦れて擦過傷を起こす場合がございます。十分にご注意ください。
○取扱説明書をよくお読みの上ご使用ください。

関連タグ

作風から選ぶ

作家、ブランド一覧から選ぶ

常設特集

初めてご来店いただく方はこちらから

新着入荷情報