• ほうろく皿 バレリーナ 磁器 森陶房 砥部焼 画像1
  • ほうろく皿 バレリーナ 磁器 森陶房 砥部焼 画像2
  • ほうろく皿 バレリーナ 磁器 森陶房 砥部焼 画像3
  • ほうろく皿 バレリーナ 磁器 森陶房 砥部焼 画像4
  • ほうろく皿 バレリーナ 磁器 森陶房 砥部焼 画像5
  • ほうろく皿 バレリーナ 磁器 森陶房 砥部焼 画像6
  • ほうろく皿 バレリーナ 磁器 森陶房 砥部焼 画像1
  • ほうろく皿 バレリーナ 磁器 森陶房 砥部焼 画像2
  • ほうろく皿 バレリーナ 磁器 森陶房 砥部焼 画像3
  • ほうろく皿 バレリーナ 磁器 森陶房 砥部焼 画像4
  • ほうろく皿 バレリーナ 磁器 森陶房 砥部焼 画像5
  • ほうろく皿 バレリーナ 磁器 森陶房 砥部焼 画像6

ほうろく皿 バレリーナ 磁器 森陶房 砥部焼

型番 uA60
販売価格

4,700円(税込5,170円)

SOLD OUT
作家作品の再入荷について

作家さんの作品は、制作のお時間を要するため、入荷の時期が未定となります。

よろしければ、メールマガジンを登録するか、画面左下に表示されている緑の【在庫切れ商品の再入荷通知】の設定をご利用ください。

作家さんが思いをこめて制作するお時間も、手しごとならではとご理解いただき、お待ちいただけますと幸いです。

心弾む楽しい絵付け



楽しそうに踊るバレリーナがかわいらしい、丸皿です。



森陶房の香織さんによる絵付け「KAORI」シリーズは、乙女ゴコロをぐっとつかまれる可愛い絵付けが揃っています。

やや青みを帯びた白磁にブルーの絵付けは、伝統的な砥部焼の特徴。

にっこりポーズを決めるバレリーナ達に、見ているこちらも心が躍り出しそうになりますね。



和にも洋にも



カラッと揚げた豚かつに、シャキシャキのキャベツを添えて。

1人分のメイン料理にぴったりなサイズ感。



縁が立ち上がっているので、デミグラスをかけたオムライスなど、多少の汁気なら大丈夫。

丈夫で扱いやすい磁器製なのも、うれしいポイントです。

スタッキングもできるので、家族用・来客用にと揃えておくのもいいですね。



サイズ径  約19.0〜19.2cm
高さ 約2.2〜2.8cm
重さ約445g
素材磁器
電子レンジ
食洗機
電子レンジ ○(あたため程度)
食洗機 ○
直火
オーブン
直火 ×
オーブン ×
商品特性/
取扱注意点
・手づくりのため、ひとつひとつ色合い、形、大きさ、厚みなどが少し異なり、個体差があります。
・ピンホール等が見受けられたり、柄の入り方、色味が違ったりする場合があります。
・ひとつひとつ違った表情をみせる、手作りならではのあたたかみのある風合いを楽しみたい方におすすめです。
・磁器は、陶石を砕いた粉を練り上げて成形し、高温で焼成したものです。素地の組織が緻密で表面が白く、陶器に比べ硬質で丈夫な点が特徴です。吸水性がないため、シミやカビなど汚れがつきにくく、日常的にとても扱いやすいうつわです。
・使用過程でまれに貫入(表面釉薬の亀裂)が入ることがありますが、ヒビや破損ではありませんので、ご使用に支障はありません。
・作家・窯元によって、価格の見直し・改定が行われる場合がございます。


ご購入前に知っていただきたいこと



うつわの表情をつくるのは、量産品には見られない、斑点や、かすれ、釉薬のムラや、濃淡、形のたわみなど。

ピンホールや、貫入、歪みなどがあったり、綺麗に整ったものでなく、ひとつひとつ、色の出方や大きさ、形が少しずつ異り、全く同じものがないところが手作りのうつわの魅力です。

これらも手仕事のうつわの個性として、「一期一会」な出会いを楽しんでくださいね。

【個体差】


手づくりのため、形、大きさ、厚みなどに個体差があります。

【染付/絵付】


ひとつひとつ手で描かれているため、柄の入り方や模様、色の濃淡などに違いがあります。

【その他のご注意】

〇窯元や作家さんの検品を通過した商品を再度検品し、お客さまのもとへお届けしています。

■詳しくは、こちらをご覧ください。
うつわの特性と、購入の際にご理解いただきたいこと 

シリーズ展開について

 



■その他、一覧ページです。
お気に入りを見つけてくださいね。
森陶房 一覧ページ

森陶房



1970年に開窯して以来、伝統の製法を守りつつ、三代にわたりうつわを制作。

作家紹介

森 多々良(もり たたら)
1970年 松山商科大学経済学部卒業
1974年 愛知県立窯業技術専門校卒業
日本工芸会正会員/伝統工芸士/一級技能士

絵付け
森 紀美代(もり きみよ)

ろくろ
森 光太郎(もり こうたろう)
2000年 広島県立大学経済学部卒業
2001年 愛知県立窯業技術専門校卒業

絵付け
森 香織(もり かおり)
2000年 愛知県立窯業技術専門校卒業
一級技能士

使い勝手の良さや楽しさを込めて、「森陶房らしいうつわ・世界観」を大切に、食事が楽しくなるうつわを制作されています。

砥部焼



江戸時代から続く、日本有数の磁器の産地である愛媛県砥部町の焼き物、砥部焼。

「伝統工芸品」の指定を受け、100ほどの窯元が手作り・手描きの伝統を守りつつ、それぞれに個性ゆたかな表現を模索し、作品を作り続けています。

砥部焼の大きな特徴は、白磁に呉須(藍色)の染付。丈夫で使い勝手の良い磁器であるため、古くから生活雑器として愛されてきました。

LINE LINEで質問ができます!

こちらの商品で、気になった点や疑問点があれば、お気軽にLINEで質問してみてください!

  • サイト写真にある、薄い色味のものはまだ在庫ありますか?
  • 1人分の麺類を入れるには小さいですか?
  • ケーキをのせたいのですが、こんな感じでもう少し大きめのものってありますか?

などなど。
うちるスタッフがなるべく早くお返事いたします。


▼ 相談方法

  • 下の『LINEで質問する』ボタンを押す
    (すでに登録済みの方はそのままLINE画面に移行します)
  • 友達に追加をして、LINEで友達になる。
  • トーク画面にて、商品の型番と質問内容を送信
LINEで質問する

対応時間:10時〜17時(日祝除く)

※ご相談は24時間受け付けています。

関連タグ

うつわに関する注意事項やよくある質問

  • うつわの特性と良品判断の基準についてはうつわの検品基準についての記事をご覧ください。
  • お手入れについてはうつわのお手入れについての記事をご参照ください。
  • 使っていくうちに、色味や風合いなどの経年変化がみられます。
  • 商品のキャンセルや、同梱対応などはよくあるご質問からご覧ください。
  • 作家・窯元によって、価格の見直し・改定が行われる場合がございます。

売れ筋ランキング

もっと見る

うちるの定番品

開催中のイベント