和食器通販 うちるブログ|作家のうつわ紹介

今年はどこ行く? 2018年に開催される陶器市・クラフトフェア

2018年、今年も陶器市やクラフトフェアが
全国で開催されています。

今日は2018年に開催される
陶器市やクラフトフェアを一気にご紹介します。

「陶器市に行ったことがない」
「今年こそあのクラフトフェアに行ってみたい」

そんな方にもお近くで開催の陶器市や
ちょっと足を伸ばして行ってみたい会場が
見つかるきっかけになったらうれしいです。

ここでは開催日順にご紹介しています。

※まだ詳細が決まっていない陶器市もあります。
気になる陶器市の情報は公式情報を
ご確認ください。

ちなみに、本記事を執筆している
おうちで楽しむ陶器市 うちる では、
全国の陶器市やクラフトフェアで
人気の作家さんの作品を中心に取り扱っています。

陶器市に行く前後や、行けなかった人にも
陶器市の雰囲気を楽しんでいただけたらと思います。

ぜひ気になる陶器市やクラフトフェアを
見つけてくださいね!

目次

2018年4月〜5月 ゴールデンウィーク

あおぞらクラフトいちSpring in水戸

出典:あおぞらクラフトいち(公式Twitter)

「水戸近郊のクラフト作家さんとユーザーを
つなげたい」の思いから2010年に
はじまったあおぞらクラフトいち。
今年は131組の作家やお店が出店します。

DJ・アコースティックなどの音楽ステージ、
飲食ブース”あおぞら食堂”などイベントもたくさん。
秋にも開催されています。

開催日 :2018年4月28日(土)~4月29日(日)
開催時間:10:00~17:00
場所  :茨城県水戸市(水戸芸術館広場)
公式HP :http://www.aozora-craft-ichi.com/

第101回 益子春の陶器市

出典:益子観光協会

ぽってりとした土の温かみが魅力的な益子焼。

春と秋に開催される益子陶器市は都心からの
アクセスもよく、大人気の陶器市です。
東京からバスツアーなどもあるので、
利用して足を運びたいもの。

約50の店舗と約500のテントが
立てられていて、益子の地元で採れた
野菜なども販売されています。

開催日 :2018年4月28日(土)~5月6日(日)
開催時間:9:00~17:00
場所  :栃木県益子町
公式HP :http://blog.mashiko-kankou.org/ceramics_bazaar/

第37回 笠間の陶炎祭

出典:笠間の陶炎祭(公式Instagram)

江戸時代から歴史が続く笠間焼は、
もともと厨房用の陶器だったこともあり
機能性と美しさを兼ね備えているうつわです。

陶炎祭は「ひまつり」と読みます。
200以上の窯元や販売店が軒を連ね、
イベントも大盛況です。

会場内には芝生や石畳などもあるので、
スニーカーなど歩きやすい靴がおすすめ。
益子の陶器市と笠間の陶炎祭をつなぐ
シャトルバスや笠間市内を循環するバスも
運行しています。

開催日 :2018年4月29日(日)~5月5日(土)
開催時間:9:00〜17:00
場所  :茨城県笠間市
(笠間芸術の森公園イベント広場)
公式HP :http://www.himatsuri.net/index.php

第60回 波佐見陶器まつり

出典:波佐見町観光協会

400年もの歴史を持つ波佐見焼は、
つるりとした手触りが特徴のひとつです。

60回目の記念すべき今年の
波佐見陶器まつりでは
窯元・商社約150店が大集合!

B品など普段よりも安く購入できます。
上絵付けや生地鋳込みの体験ができるなど、
家族で楽しめるイベントも大人気。

駐車場の場所などあらかじめ
予習してから行くとスムーズです。

開催日 :2018年4月29日(日)~5月5日(土)
開催時間:9:00〜17:00
場所  :長崎県東彼杵郡波佐見町
(やきもの公園広場 / 波佐見・有田インター広場)
公式HP :http://www.hasamiyaki.com/toukimatsuri/top.html

第115回 有田陶器市

出典:有田観光協会ありたさんぽ

波佐見のお隣、有田町で作られている
有田焼の特徴は、透明感のある白磁と
華やかに描かれる絵付け。

有田陶器市は120万人もの人が訪れます。
メインストリートは有田駅から上有田駅を
結ぶ通りです。
歩行者天国になっている道沿いに露店や
お店が開かれています。

今回は漫画家の松本零士先生との
コラボイベントもあるとのこと。

開催日 :2018年4月29日(日)~5月5日(土)
開催時間:8:00〜17:00ごろ
場所  :佐賀県有田町
公式HP :http://www.arita-toukiichi.or.jp/

第12回 信楽作家市

出典:信楽作家市

信楽焼や県の内外の作家が集まる陶器市。
10年前に始まったころは作家の参加者も
60名ほどでしたが、今年は170名を超える
作家が参加します。

とても人気のイベントなので、
お昼ごろに車で向かうと
渋滞が激しいとのこと。

到着を早めにしたり公共交通機関を
利用したり、前もって計画をして
向かったほうがよさそうです。

開催日 :2018年5月2日(水)~5月5日(土)
開催時間:9:00〜17:00
場所  :滋賀県甲賀市信楽町(陶芸の森 太陽の広場)
公式HP :http://www.shigaraki-sakkaichi.com/

第42回 土岐美濃焼まつり

出典:土岐商工会議所

平安時代からの歴史を持つ美濃焼。

丈夫で使いやすく、デザインも
多種多様なのでどんな料理にも
合わせやすくて手に取りやすい
うつわです。

会場は織部ヒルズという美濃焼の
卸業者が集まる場所です。
会場はひとつですが、その敷地が
広いので、歩行者天国となる道路には
1km以上ずらっとテントが並びます。

美濃焼や周辺のうつわに加えて、
木製のうつわや真鍮のカトラリーや
生活雑貨のお店も出店しています。

開催日 :2018年5月3日(木)~5月5日(土)
開催時間:9:00〜17:00
場所  :岐阜県土岐市 織部ヒルズ
(土岐美濃焼卸商業団地)
公式HP :http://www.arita-toukiichi.or.jp/
http://tokicci.or.jp/event/2011/03/34.html

第110回 九谷茶碗まつり

出典:九谷焼協同組合

九谷焼は九谷五彩と呼ばれる
緑・黄・赤・紫・紺青の5色を
基調とした絵付けが特徴。
金沢市や小松市などの石川県南部を中心に
作られています。

会場は九谷陶芸村です。
金沢駅からバスで1時間ほど、小松空港から
車で20分ほどの場所にあります。

日本の伝統工芸品でもある九谷焼。
九谷茶碗まつりでは伝統工芸士が創る
高級美術品から、普段使いしやすいポップな
うつわまで約50の特設テントが開かれます。

開催日 :2018年5月3日(木)~5月5日(土)
開催時間:8:30~18:00
場所  :石川県能美市 九谷陶芸村特設会場
公式HP :http://www.kutani.or.jp/

2018年5月(ゴールデンウィーク後)

Craft市 2018春市

出典:Craft市 in どんぐりコロコロFacebook

毎年9月に行われていたCRAFT市が
今年は年2回開催にパワーアップします。
うつわのほか、アクセサリーや靴、
食べ物とたくさんのお店が並びます。

開催日 :2018年5月12日(土)~5月13日(日)
開催時間:9:00〜16:00(最終日は15:00まで)
場所  :岩手郡雫石町丸谷地(どんぐりコロコロ小岩井農場まきば園)
公式HP :http://www.geocities.jp/craft_ichi/

フィールドオブクラフト倉敷

出典:フィールドオブクラフト倉敷ブログ

「掌から生まれるかたち」をテーマに
開催されているフィールドオブクラフト倉敷。

クラフト作家がつくる商品の展示のほか、
この2日間だけ開かれる本屋「FOC文庫」も
人気です。

開催日 :2018年5月12日(土)~5月13日(日)
開催時間:10:00〜17:00(最終日は16:30まで)
場所  :岡山県倉敷市(倉敷市芸文館前広場)
公式HP :http://field-of-craft.com/

ヴィレッジ 2018 〜モノと食、音が奏でる土日市〜

出典:ヴィレッジ実行委員会(公式Instagram)

ヴィレッジが開かれる高知県は、
工芸作家も多く自営業者率が全国トップです。

そんな高知県にはさらにクラフト作家の
移住も増えているなど、
とても注目を集めるクラフトフェアが
ヴィレッジです。

「モノと食 音が奏でる土日市」の
副題のとおり、ものづくりの作家が
つくる質の高い作品といっしょに
心地よい音楽も集まります。

開催日 :2018年5月19日(土)~5月20日(日)
開催時間:10:00〜17:00
場所  :高知県高知市
(鏡川みどりの広場・鷹匠公園・山内神社)
公式HP :http://village-kochi.com/

第13回東京蚤の市

出典:東京蚤の市(公式Instagram)

わたしだけの宝物が見つかるかもしれない。
東京蚤の市は、そんなわくわくが詰まった
イベントです。

会場内では豆皿市や箸置き市の
エリアもあるほか、古道具や雑貨なども
たくさん集まっています。

開催日 :2018年5月26日(土)~5月27日(日)
開催時間:9:00~18:00(最終日は17:00まで)
場所  :東京都調布市(東京オーヴァル京王閣)
公式HP :http://tokyonominoichi.com/2018_spring/

ヨコハマハンドメイドマルシェ2018

出典:パシフィコ横浜

全国のクリエイターが集まる日本最大級の
ハンドメイドイベントです。

入場料が前売り券800円、当日券1000円
かかりますが、その分2500以上の
ブースが並び体験コーナーも
充実しているなど、魅力もたっぷりです。

開催日 :2018年5月26日(土)~5月27日(日)
開催時間:11:00~18:00
場所  :神奈川県横浜市(パシフィコ横浜)
公式HP :https://handmade-marche.jp/

クラフトフェアまつもと2018

出典:クラフトフェアまつもと(公式Facebook)

30年以上続くクラフトフェアまつもとには、
工芸品が好きな一般の方から
ギャラリー関係者まで多くの人が集まります。

会場のあがたの森公園の真ん中にある
広大な芝生では、ピクニックのように
ゆっくり過ごすこともできます。

開催日 :2018年5月26日(土)~5月27日(日)
開催時間:11:00〜17:00(最終日は9:00から)
場所  :長野県松本市(あがたの森公園)
公式HP :http://matsumoto-crafts.com/craftsfair/

2018年6月

にわのわ アート&クラフトフェア・チバ

出典:にわのわ アート&クラフトフェア チバ(公式Instagram)

2012年のプレ開催から毎年開催されている
にわのわアート&クラフトフェア・チバ。
千葉にゆかりのある作家が中心に
出店していて、「千葉だからできること」
を大切にしています。

会場の佐倉城址公園にはゆったりと休める
スペースもあります。
レジャーシートを持っていって
ゆっくり過ごしても良さそうです。

開催日 :2018年6月2日(土)~6月3日(日)
開催時間:10:00〜16:00(最終日は9:00から)
場所  :千葉県佐倉市(佐倉城址公園)
公式HP :http://niwanowa.info/

第11回三条クラフトフェア

出典:三条クラフトフェア

三条市は金物工業が有名なエリアです。
その街に全国から作家が集まり
クラフトフェアが開かれます。

当日は三条市役所やJR東三条駅からの
無料シャトルバスも運行されるので、
公式ページやFacebookなどで事前に
チェックしてから向かいたいですね。

開催日 :2018年6月16日(土)~6月17日(日)
開催時間:10:00〜16:30
場所  :新潟県三条市(三条パール金属スタジアム)
公式HP :http://www.sanjo-craft.jp/

あおもりクラフトフェアA-line

出典:あおもりクラフトフェアA-line(公式Facebook)

あおもりクラフトフェアA-lineは
キャンプ場で開かれるクラフトフェアです。
会場は八甲田山の北側、青森市内からの
アクセスも良いモヤヒルズオートキャンプ場です。

選考を通過した作家だけが出店できる
仕組みで、全国から集った160組ほどの
さまざまなジャンルの作家が出店しています。
青森のご当地グルメも人気です。

開催日 :2018年6月30日(土)~7月1日(日)
開催時間:10:00〜16:00(最終日は9:00から)
場所  :青森県青森市(モヤヒルズ オートキャンプ場)
公式HP :http://aomori-line.com/

2018年7月

ハンドメイドジャパンフェス

出典:ハンドメイドインジャパンフェス 開催レポート

日本最大級のハンドメイド
マーケットプレイス「Creema」が
開催する新しいクリエイターの
祭典がハンドメイドインジャパンです。

人気の高まりにともない会場や出展者数を
どんどん大きくしていましたが、
今年はあえて開催初年の規模に戻すとのこと。

よりクリエイターと近い距離で作品を
楽しめそうです。

入場にはチケットが必要です。

1日券:前売り1200円/当日1500円

両日券:前売り2000円/当日2500円

前売り券はプレイガイド各社で
購入できるので、行く予定の方は
公式サイトなどで購入方法を
確認していきたいですね。

開催日 :2018年7月7日(土)~7月8日(日)
開催時間:11:00〜19:00
場所  :東京都江東区(東京ビックサイト)
公式HP :https://hmj-fes.jp/

2018年8月

京都五条坂陶器祭り

出典:五条坂 陶器まつり(公式Facebook)

夏の京都に400を超える陶器商のお店が
集まります。

清水焼発祥の地、五条坂一帯が会場です。
清水寺などの観光名所も徒歩圏内なので、
てくてく歩きながら、ときには
冷たいおやつで休憩しながら
めぐるのも良さそうです。

昨年は台風の影響で中止になる期間もありました。
天気が不安な場合は公式サイトやSNSで
状況を確認してから足を運ぶと確実です。

開催日 :2018年8月7日(火)~8月10日(金)
開催時間:9:00〜21:00
場所  :京都府京都市(五条坂)
公式HP :http://toukimaturi.gr.jp/

2018年9月

せともの祭

出典:せともの祭

昭和7年に始まったせともの祭は
昨年で87回目の開催でした。
瀬戸川沿いに200もの店舗が並び
作家の作品や陶磁器を見ることができます。

2日目の夜には花火も上がります。
無料の駐車場も多いので、車で向かう場合は
事前に駐車場の場所をチェックしておくと
スムーズですね。

開催日 :2018年9月8日(土)〜9日(日)
開催時間:9:00〜20:00(最終日は19:00まで)
場所  :愛知県瀬戸市(瀬戸川の両岸など)
公式HP :http://setocci.or.jp/setomonomatsuri/

Craft市 2018秋市

出典:Craft市 in どんぐりコロコロFacebook

春にも開催されたCraft市は、
過ごしやすくなる9月にも開かれます。

春と秋では出展者が入れ替わるので、秋には
また別の作品に出会える楽しみがありますね。

開催日 :2018年9月16日(日)~9月17日(月)
開催時間:9:00〜16:00(最終日は15:00まで)
場所  :岩手郡雫石町丸谷地
(どんぐりコロコロ小岩井農場まきば園)
公式HP :http://www.geocities.jp/craft_ichi/

第40回 西日本陶磁器フェスタ

出典:西日本陶磁器フェスタ

北は北海道、南は鹿児島までの窯元が
一堂に介して即売が行われます。
もちろん作家と直接話しながら手にとって
選ぶことができます。

前回は特別企画のロールケーキフェスタも
隣接されていたり、フードコートや
イベントも催されていたりと
盛りだくさんの内容でした。

開催日 :2018年9月20日(木)~9月24日(月/祝)
開催時間:10:00〜17:30(最終日は17:00まで)
場所  :福岡県北九州市(西日本総合展示場・新館)
公式HP :http://www.toujiki.jp/

2018年10月

第40回 信楽陶器まつり

出典:信楽陶器まつりブログ

信楽高原鉄道の信楽駅前を中心に
信楽町一帯で開催されるお祭りです。

たぬきの置物が有名な信楽焼ですが、
食器やお鍋ほかにも花器などが
たくさん並び、しかも安く手に入ります。

特に最終日はびっくりするほどの
割引がされますが、一方で
売り切れもたくさん出てきます。
お目当てがある場合は初日がおすすめです。

開催日 :2018年10月6日(土)~10月8日(月/祝)
開催時間:9:00〜17:00(最終日は16:00まで)
場所  :滋賀県甲賀市信楽町
公式HP :http://www.shigaraki-matsuri.com/

笠間浪漫

出典:笠間観光協会(公式Facebook)

笠間焼と地元の美味しいものが
楽しめるイベントです。

うつわに強い関心がなくても楽しめる
という声もあるので、家族でおでかけして
それぞれの時間を楽しむこともできそうです。

1日過ごすこともできて、持参した
簡易テントで休みながら楽しむ人も
多く見られます。

開催日 :10月6日(日)~10月8日(月)
開催時間:9:00〜17:00
場所  :茨城県笠間市(笠間芸術の森公園 イベント広場)
公式HP :http://www.kasama-kankou.jp/

仙台・杜の都のクラフトフェア2018

出典:仙台・杜の都のクラフトフェア

東北からものづくりを考えたい。
そんな思いから仙台・杜の都の
クラフトフェアは出発しました。

会場はサンモール一番町商店街アーケードです。

仙台駅からも歩いていける場所なので、
仙台市街地を歩き回りながら訪れることもできます。

いつもは2日間開催ですが、
今回は3連休なので3日間の開催です。

開催日 :2018年10月5日(金)~10月8日(日)
開催時間:10:00〜16:00(初日のみ11:00〜18:00)
場所  :宮城県仙台市青葉区一番町(サンモール一番町アーケード街)
公式HP :http://r.goope.jp/sendai-cf/

秋の民陶むら祭

出典:東峰村公式観光情報サイト トーホースタイル

東峰村の小石原焼は刷毛目などの技法で
表現される模様が特徴的で、
生活雑貨として親しまれてきました。
伝統を重んじながらも新しい技法に挑戦しています。

民陶むら祭は年に2回、春と秋に開催されます。
村に50件ほどある窯元が一斉に窯開きをし、
普段よりも安価で販売されています。

小石原焼伝統産業会館では
新米のおにぎりの販売や絵付け体験などの
イベントも開催され、大にぎわいです。

開催日 :2018年10月6日(土)~10月8日(月/祝)
開催時間:9:00〜17:00
場所  :福岡県東峰村(小石原焼伝統産業会館)
公式HP :http://toho.main.jp/mintousai-aki.html

第12回多摩くらふとフェア

出典:多摩くらふとフェア(公式Facebook)

12回目の開催となる多摩くらふとフェア。
昨年は2日間で約25,000人もの人が訪れました。
出店する作家も日本全国から集まります。

会場の多摩中央公園はとても大きい
公園なので、芝生スペースもたくさんです。
晴れると気持ちよくピクニックできる
スペースもあります。

開催日 :2018年10月7日(日)~10月8日(月/祝)
開催時間:10:00〜17:00(最終日は10:00〜15:00)
場所  :東京都多摩市落合(多摩中央公園)
公式HP :https://www.tama-craftfair.com/

のとじま手まつり

出典:のとじま手まつり

会場となるのは石川県の能登島。
七尾市街地から能登島大橋を渡って行く
能登島は、小さいけれど水族館や温泉、
おいしいお店もある魅力的な場所です。

能登島の雰囲気もあって、
のんびりとした空気が流れています。

作り手と使い手が「クラフト」を通じて
暮らしをより豊かにしようと思える、
そんな人が集まっているイベントです。

開催日 :2018年10月13日(土)~10月14日(日)
開催時間:10:00〜16:00
場所  :石川県七尾市能登島(能登島家族旅行村Weランド 芝生広場)
公式HP :http://tematsuri.com/

ARTS&CRAFT静岡手創り市

出典:ARTS&CRAFT 静岡手創り市(公式Facebook)

ARTS&CRAFT静岡手創り市は
神社で開催されるクラフトフェア。
静岡の作家を中心に全国から作家が集まります。

自然いっぱいの道を歩いて会場に
向かうので、それだけで気分転換になりそうです。

駐車場スペースがないので、公共交通機関を
利用して向かいたいですね。

開催日 :2018年10月13日(土)~10月14日(日)
開催時間:9:00〜16:00
場所  :静岡県静岡市(靜岡縣護國神社)
公式HP :http://www.shizuoka-tezukuriichi.com/

五十鈴の森クラフトフェア

出典:五十鈴の森クラフトフェア

伊勢神宮近くの五十鈴川のほとり、
五十鈴公園が会場です。
三重県で活動をする作家を中心に
陶器や木工、アクセサリー、
食べ物などお店が並びます。

毎年寒さ対策をして出かける人が多いようで、
防寒をしっかりしてゆっくり楽しみたいですね。

開催日 :2018年10月27日(土)~10月28日(日)
開催時間:10:00〜16:00
場所  :三重県伊勢市(五十鈴公園)
公式HP :http://ichishina.com/iszm/

2018年11月

陶と暮らし2018

出典:陶と暮らし

「笠間焼フェア」から名前を変えて
6回目の陶と暮らし(通称:陶くら)は、
笠間焼がつくられる茨城県笠間市で
開催されます。

主催が自治体や観光協会ではなく、
笠間焼の作家が集まって実行委員会が
つくられているのも特徴のひとつです。

いつもの陶器市を経て作られた
新作もたくさん見られます。

開催日 :2018年11月1日(木)~11月4日(木)
開催時間:9:00〜16:00(最終日は15:00まで)
場所  :茨城県笠間市(笠間陶芸の丘)
公式HP :https://toutokurashi.com/

益子秋の陶器市

出典:益子観光協会

春と秋、年に2回開催されている益子陶器市。
ぽってりとしている益子焼の陶器市は
秋も大盛況です。

朝から整理券を配っていたり、
早めに行かないと駐車場が
満車になってしまうので、
計画してから出かけることがおすすめです。

出店数は春と秋で変わりはありませんが、
季節が巡ると作品や農産物も
変わってくるので新しい発見がありそうです。

開催日 :2018年11月2日(金)~11月5日(月)
開催時間:9:00~17:00
場所  :栃木県益子町
公式HP :http://blog.mashiko-kankou.org/ceramics_bazaar/

壺屋やちむん通りまつり

出典:壺屋やちむん通り会ブログ

いつもはゆったりとした時間が流れる
やちむんの故郷、壺屋で年に一度開かれる
お祭りです。
この期間は特別価格でやちむんを購入できます。

壺屋焼の器で「マーサムン※」を
食べられたり、壺屋の窯元をめぐる
「壺屋まーい」などのイベントが
開催されるほか、エイサーや
沖縄の民謡などが披露されます。

※マーサムンとは沖縄の言葉で
「おいしいもの」です。

開催日 :2018年11月3日(土)~11月4日(日)
開催時間:9:00〜18:00
場所  :沖縄県那覇市(壷屋やちむん通り)
公式HP :http://www.tsuboya-yachimundori.com/

クラトコ

出典:クラトコブログ

常滑で行われるクラフトフェア=クラトコは
今年で10回目を迎えます。
今回は53名の作家が参加します。

陶器のお店が中心ですが、
ほかにもガラスや木工のお店もあります。

フードのお店も充実しています。
落ち葉が敷かれた地面を歩きながら
ゆっくり楽しみたいですね。

開催日 :2018年11月10日(土)~11月11日(日)
開催時間:10:00〜17:00(最終日は16:00まで)
場所  :愛知県常滑市(大曽公園の森)
公式HP :http://cratoko.dreamlog.jp/

第10回 灯しびとの集い

出典:灯しびとの集い

「茶の湯」に縁が深い大阪・堺市で
開催される「灯しびとの集い」は
今回が10回目です。

出店できるのは選考で通過した作家のみで、
暮らしに寄り添う道具のつくり手が集まります。

大量生産ではない、手を込んで作られた
「自分にぴったりのもの」を
じっくり探して見つけるイベントです。

フードも大人気で、お昼になるころには
売り切れてしまうものもあるそう。

開催日 :2018年11月10日(土)~11月11日(日)
開催時間:10:00〜16:00
場所  :大阪府堺市(大仙公園催し広場)
公式HP :http://tomoshibito.org/

はさみ炎まつり

出典:波佐見町観光協会

「うつわいっぱいの郷土料理を楽しむ」が
テーマのはさみ炎まつりは農業感謝祭。

おいしい食べ物とそれを盛り付ける波佐見の
うつわにたくさん出会えるイベントです。

正午からはじまる青空農家レストランでは、
波佐見焼のうつわを購入すると地元食材を
たっぷり使った郷土料理を楽しめます。

開催日 :2018年11月(2018年は未発表です)
開催時間:9:00〜16:00
場所  :長崎県東彼杵郡波佐見町(やきもの公園)
公式HP :http://hasami-kankou.jp/

<2018年9月13日:追記>
今年は『波佐見のブンカサイ』という
イベントが開催されるようです。

詳しくは波佐見町観光協会のホームページ
ご確認ください。

開催日 :11月23日
開催時間:11:00~18:30
場所  :旧波佐見町立中央小学校講堂兼公会堂
内容  :子供から大人まで楽しめる、音楽・笑い・食・アートのカルチャーフェスティバル

***

陶器市やクラフトフェアでは
うつわはもちろん、地域の特産品や
おいしいものまで楽しめます。

近くへおでかけ、ちょっと遠出を楽しみながら
足を運んでみてはいかがでしょうか。

陶器市におでかけできないという方へ……

おうちで楽しむ陶器市うちる」は、
作家さんの手仕事のうつわをご紹介している
セレクトショップです。

おうちにいながらオンラインで陶器市に
行くときのワクワク感を楽しんでもらいたいと
思いながら運営しています。

陶器市に行く前にうつわを予習したいときや、
お目当ての陶器市がすでに終わっていた!
なんてときにも、お気に入りのうつわに
出会うきっかけになれたらうれしいです。

おうちで楽しむ陶器市うちる