象嵌4.5寸ボウル 陶器 工房コキュ

 小石原焼 トビカンナサラダボウル 陶器 ヤマイチ窯
  •  小石原焼 トビカンナサラダボウル 陶器 ヤマイチ窯 画像1
  •  小石原焼 トビカンナサラダボウル 陶器 ヤマイチ窯 画像2
  •  小石原焼 トビカンナサラダボウル 陶器 ヤマイチ窯 画像3
  •  小石原焼 トビカンナサラダボウル 陶器 ヤマイチ窯 画像4
  •  小石原焼 トビカンナサラダボウル 陶器 ヤマイチ窯 画像5
  •  小石原焼 トビカンナサラダボウル 陶器 ヤマイチ窯 画像6
●商品写真はサンプルとなりますため、お届けするお品は、細部までまったく同じものではございません。
●お客様のご都合によるキャンセル・返品・交換はお受けしておりません。
●個体差の確認をご希望される場合は、
お問い合わせフォームよりご連絡くださいませ。
●誠に恐れ入りますが、通信販売の性質上、ご確認いただく間に完売となってしまう場合もございます。


【商品名】 象嵌4.5寸ボウル 陶器 
【作家名】 工房コキュ

象嵌による矢羽柄の文様が
素朴ながらもあたたかみを
感じさせてくれるボウルです。



矢羽柄の象嵌は、
土を削り、凹んだ部分に
違う色の土を埋め込んで作る
手間のかかる工程を経て
生まれています。

土そのものの、温かさと、
矢羽の文様がどこかノスタルジックな印象。
古民家カフェのような
ほっとする雰囲気があります。

やや深さのあるボウルは、
小丼にも、サラダボウルにも。
オリエンタルな器の雰囲気から、
トムヤムクンなどのスープも良さそうです。

同じ色、同じ製法ながら、焼成の加減で
ひとつひとつ表情や色の濃淡の違いがあります。
手仕事のならではの個性と温かみを
感じて頂けると思います。

大胆で勢いのある絵柄や、
華やかな色づかいが特徴のやちむんのなかで、
沖縄の土と伝統的な釉薬を使いながらも、
″今の時代に合った物づくりを目指す″
工房コキュさんの作品には、シンプルさのなかに、
素朴さと繊細さが感じられます。

沖縄の「やちむん」とは、焼き物のことです。
大らかな風土を感じるような、
あたたかみを感じる陶器です。

沖縄の陶器には、
釉薬の塗りムラや、貫入と呼ばれるヒビ、
重ね塗りした釉薬のたまり、凹凸やピンホールなどが
見受けられる場合が多いのですが、
これらも手仕事の器の個性のひとつとして、
量産品にはない、味のある風合いを
楽しんでいただければと思います。
ご使用上は問題なくお使いいただけます。

【高 さ】 約7.5〜7.8cm 
【 径 】 約13.4〜13.8cm 
【素 材】 陶器



■その他、一覧ページです。
お気に入りを見つけてくださいね。
エドメ陶房 一覧ページ

+++++
工房コキュ
芝原雪子 しばはらゆきこ

1975年 大阪府生まれ。
2001年 與那原正守氏、眞喜屋修氏に師事
2011年 独立。工房コキュを築陶

沖縄の土と伝統的な釉薬を使いながらも、
シンプルかつ女性らしい繊細な作品を作っています。

工房コキュの名前は、作家・芝原雪子の
名前を逆さまに読んだのが由来。
+++++

※必ずお読みくださいませ。【うつわのお手入れと注意事項について】

○電子レンジ・食洗機のご使用は可、オーブン・直火のご使用は不可です。
○手づくりのため、ひとつひとつ色合い、形、大きさ、厚みなどが少し異なり、個体差があります。
ピンホール等が見受けられたり、柄の入り方、色味が違ったりする場合があります。
ひとつひとつ違った表情をみせる、
手作りならではのあたたかみのある風合いを楽しみたい方におすすめです。
○作家・窯元によって、価格の見直し・改定が行われる場合がございます。

●作家さんからのおすすめメンテナンス方法●
*目止めをする場合は、一晩、水につけるだけの方法をおすすめします。
(まれに目止めが原因でヒビが入り割れる現象があるためです。)

作家&ブランドで選ぶ