いつもの食卓に変化が欲しくなったら、“角皿”の出番!!

「角皿って何だか使うのが難しそう」
「角皿って焼き魚のお皿でしょ?」

…なんて思っていませんか?
私たちうちるスタッフも、実際に使うまでは…

・お皿=丸のイメージで…
・どうやって収納したらいいのかわからなくて…
・使いこなせる自信がない…

そんな風に思っていました!

でも、使ってみたら発見できた良いところがたくさん!

今日は、角皿未経験者さんが「角皿使ってみたい!」となるように、角皿の魅力について語りたいと思います!

いつものお皿を角皿にするだけでこんなに違う!

例えば…

お菓子やパンを置くだけ。

いつもの丸皿を角皿に変えてみるだけ。

丸皿だけの食卓に1枚プラスするだけ。

意外と簡単に取り入れられて、グッとおしゃれな雰囲気に変わるんです!

悩ましい収納問題も、意外と困らないんです

実は収納もしやすくて…

【収納しやすいポイント】
・食器棚の四隅にぴったり収まる
・角皿の上に小皿を並べられる
・大きな角皿の上に丸いお皿をスタッキングできる

わざわざ角皿のためのスペースを作らなくても、すっきり収まってくれますよ。

角皿の選び方

ひとえに角皿といっても、そのバリエーションは大皿、小皿、長角皿、正角皿と様々。

シチュエーションに合わせたコーディネートをお手本に、実際に選んでみましょう!

まずはこれ!取り入れやすい角小皿

@satomi614様(instagram)より

まず最初に揃えたい、角小皿。

パンやスイーツをひとつ、いつもの副菜をちょこんと一種類、などさりげなく盛り付けるだけでも、絵になる角皿。

大切なお客様のおもてなしに、お菓子を盛りつければ、カフェのようなオシャレな雰囲気に。

どんな方でも気軽に取り入れられて、食卓がワンランクアップします。

いつものメインプレートを角皿にチェンジ!

@y2403o様(instagram)より

一気に食卓の印象を変えたい時には、大皿タイプの角皿。

おかずを少しずつワンプレートに盛りつけたり、ドンとメイン料理を豪快に盛りつけるのにぴったり。

いつもの食卓に角皿をプラスするだけで、グッと洗練された印象に。

丸いお皿ばかりでマンネリの食卓に、新鮮さと変化を与えてくれます。

お魚だけじゃない!万能に使える長角皿

いつもの食卓にちょっとプラスしたい時には長角皿。

長角皿には焼き魚と思いがちですが、実は洋風なおかずやおやつの盛り付けにも大活躍します。

お料理を横に並べられるため収まりが良く、見た目も丸皿とは違った趣に。

定番のうつわと合わせるだけで、食卓にリズムが生まれますね。

いつもの食卓に、意外と簡単に取り入れることができ、ちょっぴり「よそゆき」な雰囲気を演出してくれる角皿。

その日の気分に合わせて「今日は丸皿?それとも角皿?」なんて考える時間も楽しいかもしれません。

こちらで紹介した角皿以外にも、うちるにはいろいろな種類の角皿が揃っています!
ぜひお気に入りを見つけてくださいね。