初めての器の選び方について

この度はご来店ありがとうございます。
うちるでは、作家さんの手仕事の器を中心に
セレクトしたうつわを取り揃えています。

ナチュラルであたたかみのある雰囲気だったり、
北欧テイストのものだったり、
思わず顔もほころぶ、かわいらしい表情の染付が
すてきなものだったり。

作家さんそれぞれの表現が楽しめる器には、
手仕事ならではの魅力が感じられます。

「お料理がよりおいしく見える」
「食卓がもっと楽しい場所となる」
そんな、食卓を華やかに彩るうつわとの、
素敵な出会いのお手伝いができたら嬉しいです。


1. うつわを買い始めた方におすすめ

1-1. まずはメインのお皿を用意

新しくうつわを買い始めるにあたって
何から買いそろえていこうか、
どうやってコーディネートしようか悩んだ時に
最初に選ぶべきは、メインのお皿です。

メインのお皿は、食卓の印象を
一番大きく変えてくれます。

メイン皿盛り付け

例えば、リムに削ぎ目のような装飾があったり
かわいらしい花の形をしていたりと、
特徴的なフォルムや風合いのお皿は
お料理を盛ったときに意外と合わせやすく重宝します。

盛り付け

また、和食器には、黒点と呼ばれる、陶器らしい
黒い胡麻のような点があるものが多くあります。

黒点は、器に土のぬくもりや質感を与えてくれ、
シンプルすぎる器よりも料理を盛り付けた時に
自然とテーブルやお料理になじんでくれます。

盛り付け



1-2. コーディネートで揃えて統一感

最初は、同じデザインのシリーズものや
同じ作家さんのもので、何点か買いそろえると
コーディネートがぐっとしやすくなります。


▼シリーズで揃えた例

菊花シリーズ
シリーズ


フォレッジシリーズ
シリーズ


▼同一作家で揃えた例

アトリエキウト
同一作家


古川まみ
同一作家



2. 買いやすく揃えやすい、おすすめの器は?

最初に、人数分揃えたり、
同じテイストで揃えたりするなら
作家ものの器もいいですが、
焼き物産地の窯元のうつわをオススメします。

窯元のうつわは、数が確保しやすく、
価格が買いやすいため、手軽に、
手仕事の器の雰囲気を楽しんでいただけます。

もちろん、お気に入りの作家さんを見つけて
そのシリーズで揃えて買っていくのもいいですが
まずは色んなうつわを試して、
自分好みのうつわを探していくのも手です。

2-1. 美濃焼

美濃焼

美濃焼は、多彩な技法で
多くの種類のうつわが作られています。
陶器で出来たものが多いため、
温かみのある雰囲気にまとまります。

美濃焼のスタイルと言えばこれ!
というものが明確でないことから、
様々な種類の中から存在し、お手頃で、
自分好みのうつわを見つけることができます。

美濃焼一覧ページ は こちらから



2-2. 波佐見焼

波佐見焼

波佐見焼は、磁器を中心とした
モダンなデザインのものが多くみられます。

つるりとした磁器に、カラフルだったり
可愛い絵付けや染付けが特徴的で
白山陶器を代表とした、
様々な磁器のブランドが存在します。

価格も比較的安価で、丈夫、
個体差もほとんどないため、
複数枚揃えやすいうつわとも言えます。

波佐見焼一覧ページ は こちらから



2-3. 益子焼

益子焼

益子焼は、ぽってりとしたやや厚みのある器と
落ち着いた(渋い)伝統的な色味が特徴です。

一方で、最近では、益子陶器市が
非常に盛り上がりを見せており、
多くの若手作家さんが、
様々な作風の器を作っています。

作家さんの個性光る器から、
自身の好みにあった器を選ぶことができます。

益子焼一覧ページ は こちらから



最後に。

色々試してみると自分の本当の好みが
少しずつわかって来たりします。

例えば、
・シンプルで真っ白なお皿が好きだと思ったけど
 少し装飾があるもののほうが、
料理を盛り付けたときに合わせやすく好みだった。

・食器棚は、丸いお皿ばかりだったけど、
オーバル皿や角皿を合わせてみたら
食卓の雰囲気にアクセントがついてよかった。

・好みに近いイメージで、
新たに作家ものの器を盛り込んでみたくなった。

こんな風に、好きな雰囲気や作風がなんとなくわかってきたら、
作家さんのうつわを少しずつ
自分の食器棚に買い足していきましょう。

作家さんごとに個性豊かな作品を
作ってくれているので、
「お気に入り」や「定番」、
「少し冒険してみるもの」など、
使い分けたりして、うつわを楽しんでみてくださいね。

うちるで、器を探してみる。

作風から選ぶ

作家、ブランド一覧から選ぶ

特集・入荷一覧

初めてご来店いただく方はこちらから

新着入荷情報