3.半コップ ヒビ 白 ガラス 奥原硝子製造所

3.半コップ ヒビ 白 ガラス 奥原硝子製造所
  • 3.半コップ ヒビ 白 ガラス 奥原硝子製造所 画像1
  • 3.半コップ ヒビ 白 ガラス 奥原硝子製造所 画像2
  • 3.半コップ ヒビ 白 ガラス 奥原硝子製造所 画像3
  • 3.半コップ ヒビ 白 ガラス 奥原硝子製造所 画像4
  • 3.半コップ ヒビ 白 ガラス 奥原硝子製造所 画像5
  • 3.半コップ ヒビ 白 ガラス 奥原硝子製造所 画像6
型番 BS11
販売価格

2,000円(税込2,200円)

SOLD OUT
作家作品の再入荷について

作家さんの作品は、制作のお時間を要するため、入荷の時期が未定となります。

そのため、長い間お待たせしてしまう可能性がございますが、よろしければ、メールマガジンを登録するか、画面に表示されている【再入荷通知】の設定をご利用ください。

作家さんが思いをこめて制作するお時間も、手しごとならではとご理解いただき、お待ちいただけますと幸いです。


※価格改定に伴い、販売価格が変更となりました。(2021年5月)

存在感のある佇まい



ヒビ模様が印象的なガラスのコップです。



厚みのあるぽってりとしたフォルムが、琉球ガラスらしいおだやかな雰囲気。

クールな印象でありながら、あたたかみが感じられます。

綺麗なヒビ模様は、1000度以上の高温で廃瓶を溶かして作る中で、ほんの一瞬水につけることで生まれるそう。

職人さんの手仕事の技が光るうつわです。

日常使いにぴったり



暑い季節には、お茶やアイスコーヒー、ビールなど、たっぷりごくごく飲むのにちょうど良いサイズです。

氷をたくさんいれて、カランカランと音の響きを感じながら、楽しみたいですね。



カットフルーツをいれた、しゅわしゅわソーダも映えそう。

炭酸飲料やフルーツジュースなど、飲み物の種類を選ばず、日々の暮らしで使いやすいグラスです。



作風・雰囲気について



沖縄の地で昭和27年に創業された、琉球ガラスの名工、故桃原正男氏の工房です。

再生ガラスを使った琉球ガラスならではの風合いは、あたたかみが感じられ、ながく愛されています。



ひとつひとつ丁寧に作られた吹きガラスのうつわのため、写真のようなものも一部含まれます。

形、大きさなどに個体差があり、焦げ跡や気泡のあらわれかたが違ったりと、それぞれ異なった、味のある風合い。

同じものはひとつとない、「一期一会」な出会いを楽しんでくださいね。







【 径 】 約7.3〜7.5cm
【高 さ】 約9.0〜9.5cm
【素 材】 再生ガラス





■その他、一覧ページです。
お気に入りを見つけてくださいね。
奥原硝子製造所 一覧ページ

奥原硝子製造所



創業約70年になる沖縄最古の琉球ガラス老舗工房、奥原硝子製造所です。

伝統工芸にかける想いはそのままに、その時々にあった製品造りを心がけております。

皆様どうぞ、当社製品ならではの質感、素朴なデザイン、優しいフォルムをお楽しみください。

注意事項




○手づくりのため、ひとつひとつ色合い、形、大きさ、厚みなどが少し異なり、個体差があります。○ピンホール等が見受けられたり、柄の入り方、色味が違ったりする場合があります。○ひとつひとつ違った表情をみせる、手作りならではのあたたかみのある風合いを楽しみたい方におすすめです。○使っていくうちに、色味や風合いなどの経年変化がみられます。○作家・窯元によって、価格の見直し・改定が行われる場合がございます。


作家さんからのおすすめメンテナンス法




〇熱湯のような熱いものを入れるなど、急激な温度変化は破損の恐れがありますので、お取扱いには十分ご注意くださいませ。〇電子レンジ、オーブン、食洗機、食器乾燥機等の電化製品のご利用は控えてください。〇冷凍庫で冷やす事は、破損の原因となります。〇お子様のご使用の際は十分にご注意ください。〇クレンザー・研磨剤入りのスポンジ・金属タワシは傷をつける原因となりますのでご使用を控えてください。

関連タグ

この商品を買った人はこんな商品も買ってます

常設市

産地から選ぶ

売れ筋ランキング

売れ筋ランキングから選ぶ

作風から選ぶ

作家、ブランド一覧から選ぶ

新着入荷情報

特集から選ぶ

過去の特集から選ぶ

ご案内

送料全国一律950円

合計1万円以上で送料半額、1.5万円以上で送料0円

購入者特典!

オリジナル冊子をプレゼント

入荷情報はメールマガジンで!

作家ものは完売しやすいので登録がオススメです。

入荷情報!

LINEでもお知らせしています。

\follow me!/

うちるのInstagram ゆるゆる更新中。

うちる編集局(ブログ)

うつわの使い方や、コラム、陶器市情報など公開。