ポット 中 ヘリンボーン ホワイト 陶器 ORIME 波佐見焼

ポット 中 ヘリンボーン ホワイト 陶器 ORIME 波佐見焼
  • ポット 中 ヘリンボーン ホワイト 陶器 ORIME 波佐見焼 画像1
  • ポット 中 ヘリンボーン ホワイト 陶器 ORIME 波佐見焼 画像2
  • ポット 中 ヘリンボーン ホワイト 陶器 ORIME 波佐見焼 画像3
  • ポット 中 ヘリンボーン ホワイト 陶器 ORIME 波佐見焼 画像4
  • ポット 中 ヘリンボーン ホワイト 陶器 ORIME 波佐見焼 画像5
  • ポット 中 ヘリンボーン ホワイト 陶器 ORIME 波佐見焼 画像6
型番 AIY-75340-M
販売価格

3,200円(税込3,520円)

購入数


ヘリンボーンが織りなす幾何学模様



ヘリンボーン柄が印象的なポットです。



波佐見焼らしいモダンな印象で、お茶や紅茶に合う、和洋問わないデザインです。



このORIMEシリーズのヘリンボーン柄は、磁器の多い波佐見焼には珍しく陶器で出来ているため土ものの柔らかな雰囲気も感じられます。

形は蓋の取っ手がやや後ろについたちょっと個性的なデザインです。



実は、ポットの口に引っかけられるようになっているんです。機能美ですね。

口も大きいので、洗いやすいのも魅力。
ステンレスの茶漉しがついています。



紅茶や緑茶はもちろん、コーヒーを淹れておいて、テーブルでサーブするのもいいですね。

ホワイトは、型押しのような凹凸のある手触りが特徴です。



作風・雰囲気について



テキスタイルのモチーフに作られている『ORIME』シリーズ。

「ヘリンボーン」柄は、ざっくりとした編み目が特長。

柄は判子を用いて作られており生地を貼りあわせたようなデザインが手仕事ならではの面白味を醸しだします。

布の素材感を表現するために、あえて重なりやムラを活かしたデザインに仕上がっています。

色の濃淡やかすれ、重なりなども手作りならではの味のある風合いが魅力のひとつとなっています。



焼き上がりによって、模様の入り方にずれが生じる場合がございます。(写真は『ヘリンボーン そば猪口』のものとなります)

同じものはひとつとない「一期一会」な出会いを楽しんでいただけましたら幸いです。







【 径 】 約10.0cm(持ち手含む 約14.3cm)
【高 さ】 約10.5cm(蓋含む)
【内容量】 約250cc
【素 材】 陶器







■ORIMEシリーズのうつわは、こちらからもご覧いただけます。
【ORIME】一覧ページ

モダンな佇まいが、日常にすっと溶け込んでくれますね。

公式サイトより画像引用》

波佐見焼



約400年の歴史を持つ、長崎県波佐見町発祥の焼き物「波佐見焼」(はさみやき)。

電子レンジや食洗機も使える、丈夫な磁器が多く、毎日きがねなく楽しめる、普段づかいにぴったりなうつわが多くみられます。

注意事項




○食洗機・電子レンジでの使用は可能です。直火・オーブンでのご使用はお避けください。○手づくりのため、ひとつひとつ色合い、形、大きさ、厚みなどが少し異なり、個体差があります。ピンホール等が見受けられたり、柄の入り方、色味が違ったりする場合があります。ひとつひとつ違った表情をみせる、手作りならではのあたたかみのある風合いを楽しみたい方におすすめです。○ご使用後の汚れは、シミの原因となりますのでお早めに落としてください。○うつわの表面に、極小さい「黒点」や「絵の具とび」、「下地まで達していないピンホール」が見られる場合がございます。○テーブルなどに置いた際、ご使用上には問題ない程度のがたつきが見られる場合がございます。○洗浄後はよく乾かして、湿気のないところで保管してください。○使用過程でまれに貫入(表面釉薬の亀裂)が入ることがありますが、ヒビや破損ではありませんので、ご使用に支障はありません。○作家・窯元によって、価格の見直し・改定が行われる場合がございます。

関連タグ

この商品を買った人はこんな商品も買ってます

\ 週末陶器市 開催中 /

常設市

産地から選ぶ

売れ筋ランキング

売れ筋ランキングから選ぶ

作風から選ぶ

作家、ブランド一覧から選ぶ

新着入荷情報

特集から選ぶ

過去の特集から選ぶ

ご案内

1万円以上で送料950円が、300円になります

※1.5万円以上で送料無料0円

購入者特典!

オリジナル冊子をプレゼント

入荷情報はメールマガジンで!

【オススメ】メルマガが一番早く届きます。

入荷情報!

LINEでもお知らせしています。

\follow me!/

うちるのInstagram ゆるゆる更新中。

うちる編集局(ブログ)

うつわの使い方や、コラム、陶器市情報など公開。