粉福 食パン皿 S 陶器 木のね

粉福 食パン皿 S 陶器 木のね
  • 粉福 食パン皿 S 陶器 木のね 画像1
  • 粉福 食パン皿 S 陶器 木のね 画像2
  • 粉福 食パン皿 S 陶器 木のね 画像3
  • 粉福 食パン皿 S 陶器 木のね 画像4
  • 粉福 食パン皿 S 陶器 木のね 画像5
  • 粉福 食パン皿 S 陶器 木のね 画像6
型番 CZ5
販売価格

1,700円(税込1,870円)

購入数

※価格改定に伴い、販売価格が変更となりました。(2021年6月)

なんて美味しそうな食パン皿



遊び心のある、食パンのかたちをした中皿です。



化粧泥によって現れた、焦げ目の具合がトーストにそっくり!

粉福の色味は、粉引ならではのベージュや茶色が入り混じったような白。

所々ほんのりと赤みを帯びているのも、味わい深い風合いです。

パンの朝なら、寝ぼけまなこにはトースト2枚に見えちゃうかも?!

楽しい一日の始まりです。



パン皿や取皿に



一人分のおかずをのせたり、取皿にもちょうど良いサイズです。

目玉焼きやスクランブルエッグ、コロッケ、ポテトサラダ・・・

無意識にトーストに合うおかずが浮かんでしまいます!



縁が少し立ち上がっているので、汁気のあるメニューでも大丈夫。

いつもの食卓にふわりと笑顔が生まれるうつわですね。



作風・雰囲気について



土や釉薬、窯に寄り添いながらのものづくり。

素材の声を聴きがら、何度も何度も手に取り、じっくり丁寧に作り上げられています。

土や焼成方法によって、ひとつひとつ違った土のぬくもりを感じるような表情。

色味の濃淡やポツポツと見えるピンホール、化粧泥のひび模様も、完成に向かう過程で自然に生まれるデザインです。

丁寧に作ったお料理を家族や友人、親しい仲間と囲む幸せなひととき。

そんな大切な時間をより豊かなものにしてくれるうつわです。







【 径 】 約16.7〜17.0×12.5〜12.9cm
【高 さ】 約2.0〜2.5cm 
【素 材】 陶器



■その他、一覧ページです。
お気に入りを見つけてくださいね。
木のね 一覧ページ

木のね



1969年 栃木県益子町に生まれる
1997年 独学にて作陶を始める
1999年 陶房「土がこころ」設立
2001年 益子町に築窯

1969年 栃木県益子町に生まれる
1997年 独学にて作陶を始める
1999年 陶房「土がこころ」設立
2001年 益子町に築窯

どんな人がどんな時に、どんな気分で使いたいのか想像しながらデザインを起こします。

そしてそのための土選びから始まり、成形技法、釉薬、焼成方法など研鑽します。

それは数年来に及ぶこともしばしば。

そうして生まれてきたうつわたちを、気に入っていただけたら作り手冥利に尽きます。

注意事項




○手づくりのため、ひとつひとつ色合い、形、大きさ、厚みなどが少し異なり、個体差があります。○ピンホール等が見受けられたり、柄の入り方、色味が違ったりする場合があります。○ひとつひとつ違った表情をみせる、手作りならではのあたたかみのある風合いを楽しみたい方におすすめです。○使っていくうちに、色味や風合いなどの経年変化がみられます。○作家・窯元によって、価格の見直し・改定が行われる場合がございます。


作家さんからのおすすめメンテナンス法




〇目止めは必要ありませんが、ご使用前にしばらく水に浸してからお使い頂くと、シミ汚れが入りにくくなります。〇電子レンジ(あたため程度可)・食洗機はご使用いただけます。〇オーブン・直火のご使用は不可です。○ご使用後の汚れは、シミの原因となりますのでお早めに落としてください。○洗浄後はよく乾かして、湿気のないところで保管してください。〇粉福の器は、全体に黒い点々があり、小さなひび模様があります。これは化粧泥のひびであり、器本体のひびではございません。〇部分的に茶色く焦げが見られますが、これらは焼成の変化によるものです。ご使用上差し障りはございません。二つとない表情をお楽しみください。

関連タグ

この商品を買った人はこんな商品も買ってます

常設市

産地から選ぶ

売れ筋ランキング

売れ筋ランキングから選ぶ

作風から選ぶ

作家、ブランド一覧から選ぶ

新着入荷情報

特集から選ぶ

過去の特集から選ぶ

ご案内

送料全国一律950円

合計1万円以上で送料半額、1.5万円以上で送料0円

購入者特典!

オリジナル冊子をプレゼント

入荷情報はメールマガジンで!

作家ものは完売しやすいので登録がオススメです。

入荷情報!

LINEでもお知らせしています。

\follow me!/

うちるのInstagram ゆるゆる更新中。

うちる編集局(ブログ)

うつわの使い方や、コラム、陶器市情報など公開。