リム皿 小 小さな森 半磁器 森陶房 砥部焼

リム皿 小 小さな森 半磁器 森陶房 砥部焼
  • リム皿 小 小さな森 半磁器 森陶房 砥部焼 画像1
  • リム皿 小 小さな森 半磁器 森陶房 砥部焼 画像2
  • リム皿 小 小さな森 半磁器 森陶房 砥部焼 画像3
  • リム皿 小 小さな森 半磁器 森陶房 砥部焼 画像4
  • リム皿 小 小さな森 半磁器 森陶房 砥部焼 画像5
  • リム皿 小 小さな森 半磁器 森陶房 砥部焼 画像6
型番 u-A36
販売価格

2,916円(内税)

在庫数 在庫残り4点です。
購入数
●商品写真はサンプルとなりますため、お届けするお品は、細部までまったく同じものではございません。
●お客様のご都合によるキャンセル・返品・交換はお受けしておりません。
●お買い上げの前に必ずお読み下さいませ。【うつわのお手入れと注意事項について】


【商品名】 リム皿 小 小さな森 半磁器 森陶房 砥部焼

まるで絵本を見ているかのような
ストーリーを感じる絵付。

やわらかな、あたたかみのある
世界観が素敵なうつわです。



素地に布をあてて模様をつける
「布目」という技法を使って、
表面には細かな網目模様が
施されています。

所々にみえる鉄点と相まって、
素朴で味わい深い雰囲気です。

取皿やおやつ皿として重宝する
使いやすいサイズ。

だし巻き卵やきんぴら等
おかずをちょっと盛るのにも◎

ふちが少し立ち上がっているので
多少汁気のあるお料理でも大丈夫。

わらび餅にきなこをたっぷり、
黒蜜たらり。
ほっと一息、心安らぐ
おやつの時間が過ごせそう。

カットしたりんごをのせれば
森をイメージした絵柄にぴったりで、
何だか嬉しくなるのです。

「ちいさな森」シリーズや
「青い鳥」シリーズと併せて使えば
テーブルの上は小さな森に!

食事の時間はもちろん、
しつらえまでも楽しくなりそうな
ウキウキを運んできてくれる器です。

ぬくもりを感じる質感の陶器と、
丈夫で扱いやすい磁器。

その両方の良さを併せもつ、
「いいとこどり」な半磁器で
日常使いしやすいのも
嬉しいポイントですね。



【 径 】 約14.7〜15.0cm
【高 さ】 約2.0〜2.2cm
【素 材】 半磁器





■その他、一覧ページです。
お気に入りを見つけてくださいね。
森陶房 一覧ページ

+++++
●砥部焼 

江戸時代から続く、日本有数の磁器の産地、
愛媛県砥部町の焼き物、砥部焼。
「伝統工芸品」の指定を受け、100ほどの窯元が、
手作り・手描きの伝統を守りつつ、
それぞれに個性ゆたかな表現を模索し、
作品を作り続けています。

砥部焼の大きな特徴は、
白磁に呉須(藍色)の染付で、
丈夫で使い勝手の良い磁器であるため、
古くから生活雑器として愛されてきました。

●森陶房

作家紹介

森 多々良 (もり たたら)
昭和45年 松山商科大学経済学部卒業
昭和49年 愛知県立窯業技術専門校卒業
日本工芸会正会員
伝統工芸士
一級技能士

絵付け
森 紀美代(もり きみよ)

ろくろ
森 光太郎 (もり こうたろう)
平成12年 広島県立大学経済学部卒業
平成13年 愛知県立窯業技術専門校卒業

絵付け
森 香織 (もり かおり)
平成12年 愛知県立窯業技術専門校卒
一級技能士

砥部の陶土を使い、
凛として清楚な磁器に加えて、
オリジナルでブレンドした温かみのある
土物を制作されています。

使い勝手の良さや楽しさを込めて、
「森陶房らしい器・世界観」を大切に、
食事が楽しくなるうつわを制作されています。
+++++

○手づくりのため、ひとつひとつ色合い、形、大きさ、厚みなどが少し異なり、個体差があります。
ピンホール等が見受けられたり、柄の入り方、色味が違ったりする場合があります。
ひとつひとつ違った表情をみせる、手作りならではのあたたかみのある風合いを楽しみたい方におすすめです。
○電子レンジ(あたため程度可)・食洗機ともにご使用いただけます。
○作家・窯元によって、価格の見直し・改定が行われる場合がございます。

この商品を買った人はこんな商品も買ってます

作風から選ぶ

作家、ブランド一覧から選ぶ

常設特集

初めてご来店いただく方はこちらから

新着入荷情報