• どんぐり碗 アメ 陶器 圭秀窯 小石原焼 画像1
  • どんぐり碗 アメ 陶器 圭秀窯 小石原焼 画像2
  • どんぐり碗 アメ 陶器 圭秀窯 小石原焼 画像3
  • どんぐり碗 アメ 陶器 圭秀窯 小石原焼 画像4
  • どんぐり碗 アメ 陶器 圭秀窯 小石原焼 画像5
  • どんぐり碗 アメ 陶器 圭秀窯 小石原焼 画像6
  • どんぐり碗 アメ 陶器 圭秀窯 小石原焼 画像1
  • どんぐり碗 アメ 陶器 圭秀窯 小石原焼 画像2
  • どんぐり碗 アメ 陶器 圭秀窯 小石原焼 画像3
  • どんぐり碗 アメ 陶器 圭秀窯 小石原焼 画像4
  • どんぐり碗 アメ 陶器 圭秀窯 小石原焼 画像5
  • どんぐり碗 アメ 陶器 圭秀窯 小石原焼 画像6

どんぐり碗 アメ 陶器 圭秀窯 小石原焼

型番 FU13
販売価格

2,500円(税込2,750円)

在庫数 在庫残り1点です。
購入数

ずんぐりフォルムが愛らしい



ひっくり返すと、ヘタの帽子をかぶったドングリのようなお碗です。



釉薬がかかった部分はこっくりと深い飴色で、艶やかな仕上がりの中にも温もりを感じます。

外側の素地部分に描かれる「飛びカンナ」の模様が、味わいを増していますね。

高台も素地をそのまま残してあるので、土ものならではのザラリとした感触。

テーブルで滑りにくい安定感が、嬉しいポイント。

大きすぎず小さすぎないお碗は、日常の色んなシーンで活躍しますよ。



副菜やデザートに



軽く済ませたい日の小どんぶりとして、ちょうどいいサイズ。

お鍋を取り分ける取り鉢や、煮物を盛りつける小鉢としてもいいですね。



豚汁やけんちん汁など、具沢山の汁物をよそうお碗としても重宝しそう。

グラノーラを入れるボウルにしたり、フルーツを盛ったりと、朝から晩まで頼れる存在になってくれますよ。



サイズ径  約11.6〜12.1cm
高さ 約7.6〜8.1cm
素材陶器
電子レンジ
食洗機
電子レンジ ○
食洗機 ×
直火
オーブン
直火 ×
オーブン ○
窯元さんのおすすめメンテナンス・高台にざらつきがある場合は目の細かいサンドペーパーで磨いてください。
・使う前に目止めの処理をすることにより、料理の水分や油分が浸透しにくくなり、汚れや匂いの原因を防ぎます。
・IH調理器での目止めは、破損の可能性があります。米のとぎ汁につけるだけでも目止めの効果はありますのでお試しください。
・ご使用後の汚れは、シミの原因となりますので早めに落としてください。
・乾燥不十分のままにしておきますと、カビやしみ等の原因となります。つけおき洗いはお避けください。
商品特性/
取扱注意点
・手づくりのため、ひとつひとつ色合い、形、大きさ、厚みなどが少し異なり、個体差があります。
・ピンホール等が見受けられたり、柄の入り方、色味が違ったりする場合があります。
・ひとつひとつ違った表情をみせる、手作りならではのあたたかみのある風合いを楽しみたい方におすすめです。
・使っていくうちに、色味や風合いなどの経年変化がみられます。
・作家・窯元によって、価格の見直し・改定が行われる場合がございます。


ご購入前に知っていただきたいこと



うつわの表情をつくるのは、量産品には見られない、斑点や、かすれ、釉薬のムラや、濃淡、形のたわみなど。

ピンホールや、貫入、歪みなどがあったり、綺麗に整ったものでなく、ひとつひとつ、色の出方や大きさ、形が少しずつ異り、全く同じものがないところが手作りのうつわの魅力です。

これらも手仕事のうつわの個性として、「一期一会」な出会いを楽しんでくださいね。

【個体差】


茶色が明るいものや暗いものなど、ひとつひとつ色合いが異なります。

【色ムラ/焼ムラ】


釉薬は、手作業でひとつひとつ丁寧にかけられているため、釉薬のかかり方が均一でない場合があります。

焼成の際も、窯の焼く場所によって温度が異なるため、焼き方にムラがでます。

【その他のご注意】

〇窯元や作家さんの検品を通過した商品を再度検品し、お客さまのもとへお届けしています。

■詳しくは、こちらをご覧ください。
うつわの特性と、購入の際にご理解いただきたいこと 

その他シリーズ展開について

 

この商品には、色違いがございます。





■圭秀窯さんのうつわは、こちらからもご覧いただけます。
圭秀窯 一覧ページ



■その他、一覧ページです。
お気に入りを見つけてくださいね。
小石原焼・小鹿田焼 一覧ページ

圭秀窯



梶原久
1983年 生まれ
2002年 高取焼鬼丸碧山氏に師事
2006年 第30回福岡県伝統的工芸展 NHK福岡放送局長賞 受賞
2012年 第54回日本民芸公募展 経済産業省商務情報政策局長賞 受賞
    福岡県美術展入選
2013年 福岡県美術展入選

福岡県の小さな村にて高取焼の良さを生かしながら、小石原の飛びカンナ・刷毛目を取り入れた新たなコイシワラヤキを作陶しております。

見て美しい、使って親しみやすい、職人の心がたくさん込められたうつわたちを、手に取って感じていただけたら嬉しいです。

小石原焼



「刷毛目」「飛び鉋」「櫛描き」などの伝統技法により生まれる、独特の幾何学模様が特徴的な小石原焼(こいしわらやき)。

日本の陶芸界に大きく影響を与えたバーナード・リーチによって、「用の美の極致である」と大きく称賛されました。

現代では、伝統的かつどこかモダンなデザインにより、さらに人気が高まっています。

昔ながらの素朴な魅力を残しつつ、現代の暮らしに自然と溶け込む、まさに用の美が形となったうつわです。

LINE LINEで質問ができます!

こちらの商品で、気になった点や疑問点があれば、お気軽にLINEで質問してみてください!

  • サイト写真にある、薄い色味のものはまだ在庫ありますか?
  • 1人分の麺類を入れるには小さいですか?
  • ケーキをのせたいのですが、こんな感じでもう少し大きめのものってありますか?

などなど。
うちるスタッフがなるべく早くお返事いたします。


▼ 相談方法

  • 下の『LINEで質問する』ボタンを押す
    (すでに登録済みの方はそのままLINE画面に移行します)
  • 友達に追加をして、LINEで友達になる。
  • トーク画面にて、商品の型番と質問内容を送信
LINEで質問する

対応時間:10時〜17時(日祝除く)

※ご相談は24時間受け付けています。

関連タグ

うつわに関する注意事項やよくある質問

  • うつわの特性と良品判断の基準についてはうつわの検品基準についての記事をご覧ください。
  • お手入れについてはうつわのお手入れについての記事をご参照ください。
  • 使っていくうちに、色味や風合いなどの経年変化がみられます。
  • 商品のキャンセルや、同梱対応などはよくあるご質問からご覧ください。
  • 作家・窯元によって、価格の見直し・改定が行われる場合がございます。

この商品を買った人はこんな商品も買ってます

売れ筋ランキング

もっと見る

うちるの定番品

\ 週末陶器市 開催中 /