ブロック切立ボウル もえぎ 陶器 伊藤豊

ブロック切立ボウル もえぎ 陶器 伊藤豊
  • ブロック切立ボウル もえぎ 陶器 伊藤豊 画像1
  • ブロック切立ボウル もえぎ 陶器 伊藤豊 画像2
  • ブロック切立ボウル もえぎ 陶器 伊藤豊 画像3
  • ブロック切立ボウル もえぎ 陶器 伊藤豊 画像4
  • ブロック切立ボウル もえぎ 陶器 伊藤豊 画像5
  • ブロック切立ボウル もえぎ 陶器 伊藤豊 画像6
型番 CG15
販売価格

3,800円(税込4,180円)

SOLD OUT
作家作品の再入荷について

作家さんの作品は、制作のお時間を要するため、入荷の時期が未定となります。

そのため、長い間お待たせしてしまう可能性がございますが、よろしければ、メールマガジンを登録するか、画面に表示されている【再入荷通知】の設定をご利用ください。

作家さんが思いをこめて制作するお時間も、手しごとならではとご理解いただき、お待ちいただけますと幸いです。



落ち着いた風合い



胴の外側に入った、ブロック状の彫り模様が印象的なボウルです。



伊藤さんと言えばこれ!と言っても過言ではない、人気のもえぎ色。

なんとも表現しがたい、絶妙な色合いがたまりません。



茶色や薄緑がかったもの、焼きの具合や黒点の入り方なども、ひとつひとつ違っています。

うつわの個性豊かな表情を、楽しんでいただけたら嬉しいです。



意外と便利な切立の形



平らな底、すっと立ち上がった胴。

いつものお料理を盛りつけるだけで、不思議とサマになりそう。



種類豊富なお豆が乗った、グリーンサラダをこんもり。

とろとろに煮込んだ鶏と大根の甘辛煮を、たっぷり盛りつけて。

おかずを2人分ほど盛りつけるのに、ちょうどいいサイズ感です。

茄子の揚げびたしやほうれん草のからし和えなど、シンプルな副菜をあえて余白を残して盛っても、ステキですよ。



作風・雰囲気について



花紋・しのぎ・ブロック、すっきりとした佇まいに丁寧に模様が施され、どこか懐かしさを醸し出す伊藤さんのうつわ。

天然の原料を用いて作られた優しく味わい深い色合いと、土の温もりを感じる手ざわりが心を和ませてくれます。

何気ない日常を、より豊かなものにしてくれるうつわです。



【 径 】 約16.0〜16.5cm
【高 さ】 約5.4〜6.0cm
【素 材】 陶器





■その他、一覧ページです。
お気に入りを見つけてくださいね。
伊藤豊 一覧ページ

伊藤 豊



1981 岐阜県瑞浪市生まれ
2002 服飾専門学校を卒業
2008 地元の製陶工場に就職する。
しばらくして、仕事と趣味の幅を広げようと陶芸教室に通い始める。
2011 愛知県立窯業高等技術専門校に入学
2016  岐阜県瑞浪市釜戸町にて作陶。

「日々の暮らしにそっと寄り添い、少しでも暮らしを豊かに出来たら」という想いで、作陶されています。

注意事項




○手づくりのため、ひとつひとつ色合い、形、大きさ、厚みなどが少し異なり、個体差があります。○ピンホール等が見受けられたり、柄の入り方、色味が違ったりする場合があります。○ひとつひとつ違った表情をみせる、手作りならではの あたたかみのある風合いを楽しみたい方におすすめです。○使っていくうちに、色味や風合いなどの経年変化がみられます。○作家・窯元によって、価格の見直し・改定が行われる場合がございます。


作家さんからのおすすめメンテナンス法




〇うつわを米のとぎ汁で煮沸し、目止めをする方法もありますが、毎使用前に水に通していただくことで先に水が染み、におい、色が付きにくくなります。〇洗い終えたうつわは、よく乾燥させてから収納してください。水分が残っていますとカビの原因となることがあります。〇電子レンジ(あたため程度可)、食器洗い乾燥機のご使用はお控えください。ヒビ、割れ、破損の原因となります。〇気を付けて使っていても、どうしても経年変化して行きます。陶器の特徴で、日々の暮らしが変化していくように、楽しんでいただけたらと思います。

関連タグ

この商品を買った人はこんな商品も買ってます

常設市

産地から選ぶ

売れ筋ランキング

売れ筋ランキングから選ぶ

作風から選ぶ

作家、ブランド一覧から選ぶ

新着入荷情報

特集から選ぶ

過去の特集から選ぶ

ご案内

送料全国一律950円

合計1万円以上で送料半額、1.5万円以上で送料0円

購入者特典!

オリジナル冊子をプレゼント

入荷情報はメールマガジンで!

作家ものは完売しやすいので登録がオススメです。

入荷情報!

LINEでもお知らせしています。

\follow me!/

うちるのInstagram ゆるゆる更新中。

うちる編集局(ブログ)

うつわの使い方や、コラム、陶器市情報など公開。