角皿 長方 水玉 陶器 一翠窯

フェザーコーム 角皿 トリコ 【A】 陶器 佐川義乱
  • フェザーコーム 角皿 トリコ 【A】 陶器 佐川義乱 画像1
  • フェザーコーム 角皿 トリコ 【A】 陶器 佐川義乱 画像2
  • フェザーコーム 角皿 トリコ 【A】 陶器 佐川義乱 画像3
  • フェザーコーム 角皿 トリコ 【A】 陶器 佐川義乱 画像4
  • フェザーコーム 角皿 トリコ 【A】 陶器 佐川義乱 画像5
  • フェザーコーム 角皿 トリコ 【A】 陶器 佐川義乱 画像6
型番 T21
販売価格

4,609円(内税)

SOLD OUT
再入荷はメールマガジンでのみお知らせしています。
●商品写真はサンプルとなりますため、お届けするお品は、細部までまったく同じものではございません。
●お客様のご都合によるキャンセル・返品・交換はお受けしておりません。
●お買い上げの前に必ずお読み下さいませ。【うつわのお手入れと注意事項について】


【商品名】 角皿 長方 水玉 陶器 一翠窯
【作家名】 一翠窯 やちむん(沖縄)

食卓を彩る、鮮やかな色づかいがすてきな
タタラ成形の角皿です。

焼き魚にもぴったりな形。
横長なので、さんまのような細長いお魚にも
使いやすいサイズです。

パンとつけあわせのミニサラダを盛って、
プレートづかいも楽しめるお皿です。

カプレーゼや野菜のグリルなど、
前菜やおつまみ用にも良いですね!



手仕事でひとつひとつ施されている模様、
個性豊かな、濃淡のある色味で、
楽しげなリズムを感じる器です。

一番人気の、愛嬌ある水玉模様。
手描きならではの味のある丸が、
絶妙なバランスでグッときます。



沖縄の「やちむん」とは、焼き物のことです。
大らかな風土を感じるような、
あたたかみを感じる陶器の器です。
古くからの「やちむん」の型にはまらない、
どこかオリエンタルな、自由な雰囲気の器です。
様々な土地を移り住んだ、
高畑さんならではの感性が光ります。

沖縄の陶器には、
釉薬の塗りムラや、貫入と呼ばれるヒビ、
重ね塗りした釉薬のたまり、凹凸やピンホールなどが
見受けられる場合が多いのですが、
これらも手仕事の器の個性のひとつとして、
量産品にはない、味のある風合いを
楽しんでいただければと思います。
ご使用上は問題なくお使いいただけます。

手仕事のうつわですので、
量産品のようなきっちりとした
重なりではありませんが、
スタッキング収納も可能です。
 
器の表面はつるっと光沢があり、
適度な重みを感じる、
丈夫で安定感のあるお皿です。

大・小・長角皿と、3タイプのサイズがあります。


同柄で揃えてもよし、
柄違いでアクセントにするもよし、
用途にあわせて
使い分けを楽しみたいシリーズの器です。



故郷に住む友人が、
ご両親の育てた無農薬野菜を送ってくれました。
形も大きさもいろいろ。
のびのびと育ったよ!と言わんばかりの葉生姜。

定番の天ぷらもいいし、
居酒屋風につくねで包むのもありだなぁ。

堪能方法を考える時間も楽しみつつ、
お皿は絶対コレだ!と即決していました。
結局、豚肉巻きフライにしていただきました。

ピリリと程よい辛みの葉生姜は、
大人の楽しみといったところ。
ビール、おかわりしたくなります。

【 径 】 約28.8〜29.3×11.2〜11.5cm 
【高 さ】 約1.2〜1.5cm 
【素 材】 陶器





■その他、一覧ページです。
お気に入りを見つけてくださいね。
一翠窯 一覧ページ

+‥‥‥‥+
《お客様コーディネート》
〇2tallmocha 様(instagram)より

お魚など横長のものを乗せるだけでなく、
副菜をいくつか盛りつけて使うのもいいですね。
+‥‥‥‥+

+++++
一翠窯(いっすいがま)
高畑伸也 たかはたしんや

1976年 兵庫県尼崎市生まれ。
1996年 国立新居浜工業高等専門学校卒業
インド、ネパール、東南アジアを渡り歩いたのち、
2002年に沖縄に移住。
2003年 読谷村の金城敏男窯にて壺屋焼を学ぶ。
2005年 独立。一翠窯を築窯。

<主な受賞歴>
2005年 現代沖縄陶芸展 奨励賞
2006年 沖展 入選
2007年 現代沖縄陶芸展 奨励賞
+++++

○手づくりのため、ひとつひとつ色合い、形、大きさ、厚みなどが少し異なり、個体差があります。
ピンホール等が見受けられたり、柄の入り方、色味が違ったりする場合があります。
ひとつひとつ違った表情をみせる、
手作りならではのあたたかみのある風合いを楽しみたい方におすすめです。
○作家・窯元によって、価格の見直し・改定が行われる場合がございます。

この商品を買った人はこんな商品も買ってます

作家&ブランドで選ぶ