五角皿 水玉マット 陶器 翁明窯元 小石原焼

五角皿 水玉マット 陶器 翁明窯元 小石原焼
  • 五角皿 水玉マット 陶器 翁明窯元 小石原焼 画像1
  • 五角皿 水玉マット 陶器 翁明窯元 小石原焼 画像2
  • 五角皿 水玉マット 陶器 翁明窯元 小石原焼 画像3
  • 五角皿 水玉マット 陶器 翁明窯元 小石原焼 画像4
  • 五角皿 水玉マット 陶器 翁明窯元 小石原焼 画像5
  • 五角皿 水玉マット 陶器 翁明窯元 小石原焼 画像6
型番 BH50
販売価格

2,700円(税込2,970円)

SOLD OUT
作家作品の再入荷について

作家さんの作品は、制作のお時間を要するため、入荷の時期が未定となります。

そのため、長い間お待たせしてしまう可能性がございますが、よろしければ、メールマガジンを登録するか、画面に表示されている【再入荷通知】の設定をご利用ください。

作家さんが思いをこめて制作するお時間も、手しごとならではとご理解いただき、お待ちいただけますと幸いです。



優しく柔らかな風合い



丸みをおびたフォルムが、愛らしい五角皿です。



トビカンナ模様を柔らかな雰囲気にしてくれている、大きな水玉模様と白のマット釉薬。

水玉の中から顔を覗かせるシックなトーンの素地と、白化粧とのコントラストも魅力的です。

土ものならではのマットでやわらかな質感。

持ってみるとずっしり、手に心地よく馴染みます。



焼き上がりによって色味が異なり、味のある表情が生まれています。

そんな個性も、手仕事の魅力として楽しんでいただけるとうれしいです。

お茶の時間も重宝する角皿



プリンやヨーグルト、お団子やわらび餅などの蜜をたっぷりかけたいおやつにもぴったり。

少し深さがあるので、とろり汁気のあるおやつもしっかりと受け止めてくれます。

ほっと一息、ゆるりとしたお茶の時間を楽しめそうですね。



春菊の白和えや、レンコンのきんぴらなど、副菜をちょこんと盛っても重宝します。

日々の様々なシーンで活躍してくれそう!

スタッキング収納も可能なので、家族分や来客用にと揃えておくと便利です。



作風・雰囲気について



「刷毛目」「飛び鉋」「櫛描き」などの技法で表現される、独特の幾何学的な模様が特徴的な「小石原焼(こいしわらやき)」。

日本の陶芸界に大きく影響を与えたバーナード・リーチによって「用の美の極致である」と大きく称賛され、現代ではどこか北欧を感じるようなデザインとして、その人気がさらに高まっています。

昔ながらの素朴な魅力のある「小石原焼」の伝統の技法を生かしつつ、ドット柄やほっこり可愛らしいデザインで、現代の暮らしにマッチするうつわです。

焼き上がりによって色味が異なり、味のある表情が生まれています。





【 径 】 約12.5〜13.5cm
【高 さ】 約3.0〜3.5cm 
【素 材】 陶器



■その他、一覧ページです。
お気に入りを見つけてくださいね。
翁明窯元 一覧ページ

翁明窯元



約350年の歴史を持つ、福岡県東峰村の小石原焼(こいしわらやき)。

先人が築いた伝統の良さを残しつつ、現代の暮らしや感覚に寄り添ううつわであることを大切にひとつひとつ丁寧に作られています。

「使うほどに愛着がわき、日常の暮らしがもっと楽しくなるように」

そんな思いをもって、うつわ作りを楽しんでいらっしゃいます。

注意事項



○手づくりのため、ひとつひとつ色合い、形、大きさ、厚みなどが少し異なり、個体差があります。○ピンホール等が見受けられたり、柄の入り方、色味が違ったりする場合があります。○ひとつひとつ違った表情をみせる、手作りならではの あたたかみのある風合いを楽しみたい方におすすめです。○使っていくうちに、色味や風合いなどの経年変化がみられます。○作家・窯元によって、価格の見直し・改定が行われる場合がございます。


作家さんからのおすすめメンテナンス法




〇高温(1260℃)で焼き上げているため、電子レンジ(あたため程度可)やオーブンでもお使いいただけます。〇直火でのご使用はできません。〇食洗機のご使用もOKです。ただ、うつわ同士がぶつかると欠けやすくなりますので、ご注意下さい。〇熱くなったうつわを急に水につけたり、ぬれふきんにのせたりすると、急激な温度変化で割れてしまうことがあります。ご注意くださいませ。

関連タグ

常設市

産地から選ぶ

売れ筋ランキング

売れ筋ランキングから選ぶ

作風から選ぶ

作家、ブランド一覧から選ぶ

新着入荷情報

特集から選ぶ

過去の特集から選ぶ

ご案内

送料全国一律950円

合計1万円以上で送料半額、1.5万円以上で送料0円

購入者特典!

オリジナル冊子をプレゼント

入荷情報はメールマガジンで!

作家ものは完売しやすいので登録がオススメです。

入荷情報!

LINEでもお知らせしています。

\follow me!/

うちるのInstagram ゆるゆる更新中。

うちる編集局(ブログ)

うつわの使い方や、コラム、陶器市情報など公開。